The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

政治、経済

貧困と裕福。

貧困と裕福。 


これは、人類永遠のテーマだと思う。

ブログランキングを見ていたら、横の画像紹介の欄に、「貧困のない世界を創る」 ムハマド・ユヌス著という本が載っているのが目に留まった。

紹介されている方への、ブログへは、写真をクリックする事で、簡単に訪問する事が出来た。

それから、アマゾンへ飛んで、購入しようかなと思った。が、思いとどまり、このブログを書き始めた次第です。

本当の人類のゴールは、貧困のない世界だと思う。

しかし、それは、無理だと、思い始めてしまった。

少なくも、現在の資本主義、自由経済の下では、絶対がつくほどに無理だと思っている。

弱肉強食だからだ。

強者の元にお金は、弱者から吸い込まれていく。

強者は、そのお金を、あまり、弱者に還元しない。

多くのお金が強者の元に、滞ることになる。

2対8の法則も見出した人がいる。

これによれば、20%の金持ちが80%の富を占有する事は簡単に理解できる。

例えば、100万円あるとする。

100人いるとする。

20人の金持ちが、80万円を占有する。

80人の貧乏人は、20万円を分かち合う事になる。

つまり、金持ちは、一人、4万円。

貧乏人は、一人、2500円しかない。

一人の格差は16倍にもなる。

これが、ざっとした計算で解る。

言い換えれば、貧乏人が20万円の月給を手にした時、金持ちは320万の月給を手にする事になる。

現実には、この格差はもっとあると思う。

それは、2対8の法則でなくて、既に1対9になっているのかもしれない。

上記の条件をちなみに、1対9で計算してみると、

貧乏人が20万円の月給を手にした時、金持ちは約1620万円の給料を手にする事になる。

金持ちの月額収入は、貧乏人の81倍、つまり81か月分、つまり6年と9ヶ月働いてやっと同じ金額を稼ぐ事になる。

これで、稼ぎは同じになっても、金持ちの一ヶ月に要する生活費と、貧乏人の6年9ヶ月に要する生活費には、大きな差が出てくる。

金持ちの一ヶ月の生活費を100万円としよう。

貧乏人の生活費を、総て、蓄えなしで、生活費に当てたとしよう。

貧乏人の、6年9ヵ月後には、貯蓄はどうなるか。

当然貯蓄は出来ない、すなわち、貯蓄ゼロ。手元に一銭のお金も無い訳だ。

一方金持ちは、収入1620万−100万円=1520万円の蓄えが出来る。

一ヶ月1520万円の貯蓄に6年9ヶ月つまり、81ヶ月をかけると、答えは123120万円、つまり、12億3120万円の貯蓄が出来る事になる。

これが、貧乏人と金持ちの算数だと思う。

「貧困のない世界」、この理想は「金持ちのない世界」と同義語だと思う。

世界には、日本には、一定額のお金しかない。

つまり、金持ちを無くさない限り、貧乏人は、決して無くならない。


貧乏人に、夢を与え、にんじんをぶら下げて、その人が、金持ちになったとしよう。

それで、貧乏人が、一人減るかというと、そうは行かない、他の誰かが、貧乏人になるか、残った貧乏人が更に貧乏人になるかに、だけで、他に無い。


この構図は、人間が、社会を作り、お金を発明した時から、ひどくはなれ、平均化することは無かったと思う。

バブル前の日本における、一億総中流は、夢の又夢だったかもしれない。

それが、証拠に、資本主義世界最先端、世界一裕福な国、アメリカでも、貧富の差はひどくなるばかり、決して平均化、つまり、国民総中流家庭というのは、望めない。

夢の又夢でも、もう、望めない。

これが、資本主義のの現実であり、目先欲の市場経済の末路だと思う。


結論的には、お金持ちにはなれなくても、貧困だけは何とか免れたい。

これが、一般庶民のかすかな願いにも成ってきたと思う。

何故ならば、金持ちは、更に金持ちに邁進しているわけだから、

更に、世の中のお金は、お金持ちのところで滞り、循環が無くなる。

お金の循環が無くなれば、景気は落ち込む。

景気が悪くなれば、とばっちりは、貧乏人にくる。


ここまで、経済が来ると、個人の根性、努力では、120%頑張ったとしても、結果として残るものは、やってもやっても・・・、との感情と徒労感が大きくなる場合は多いと思う。

個人の努力と、根性で乗り切れるレベルは、既に、規制緩和と共に消え去ったと思う。

今では、金持ちの大舞台と化したと思う。

貧乏人の出る幕など、残ってはいないように思う。


ここでの政治への期待は、大きくなっていくと思う。

個人で出来ないレベルを、国が政府が如何にコントロールしてくれるか。

政府に何処まで、国民の多くの貧乏人に、チャンスを与えるシステムを構築してくれるか、の考えと、パワー、実行力があるか、だと思う。

お金を与えるのではなくて、チャンスを与える。

ばらまきは国民の質を低下させる。

小手先の政策ではいけない。

将来の日本国のありようを見据えた、収入の得方、労働のあり方を構築していかなければならないと思う。


今のまま、金持ちを放置すれば、工場は機械とロボットになり、事務所は、コンピュータになってしまうだろう。

口のついている人間は要らない。

文句をいううるさい人間も要らない。

へまをする、失敗をする、人間は要らない。

コンピュータもロボットも、機械も、何も文句も言わず、100%正確な仕事を、極めて短時間で仕上げてくれる。


10年前、マスコミは騒いでいた。

戦後のベビーブーマーが、退職する年になったら大変だ。

労働力の絶対数の激減化が起こる。

熟練工の確保が出来ない。

等々だった。

しかし、現実に起きた現象は、新卒者の有り余り現象。

新卒者の就職が無いという、前代未聞の現象となった。

退職者は過去最高の人数、新卒者は過去最低の人数。

この現実でも、人間は足らないどころか、逆に、要らなくたってしまった。

もし、少子化傾向でなければ、更に大量の未就労新卒者が排出されていることになっている。

無能にも政府は、未だ、小手先の対策しか講じてはいないように見える。


これで、貧困のない世界を創る事が可能かどうか。

繰り返すようだが、個人の努力の限界を超えていると思う。

運が良ければ、職にあり付け、運が悪ければ、無職にならされる。

求職と、求人のバランスが、とうの昔に崩れていても、政府に名案があるとは思えない。


マザーテレサは更に日本を評して、心の貧困が日本にはあると指摘した。

物質的な貧困と心の貧困が、どちらも、最悪の方向に向かっているとしか思えない。

心の貧困に関しても、政府は無力だと言いたい。

腹立ち紛れに、無能だとでもいいたい。

自殺者3万人超える年が、もう既に何年続いているのだろう。

危険があれば、そこに防護柵を作るのも一つの方法ではある。

しかし、お金をかけて、防護柵を作らなくても、危険だから行かないように教育できれば、事故は起こらない。

自殺にも、同じことが言える。

大事な事は、自殺したくなるような環境を改善する事だと思うが、経済優先、お金優先の社会は、心の痛みを最後まで放置する。

自殺者が3万人を毎年越えるという現実は、これもまた、個人の力を、既に、超えていると思う。


「貧困のない世界を創る」、この本をまだ読んではいない。

良い考えが、詰まっているのかもしれない。

だとすれば、政治家の全員がこの本を読むべきだろうと思う。

きっと、多くの政治家は読むまい。

それは、多くの政治家はマザーテレサの思いより、多くのお金持ちの考えを理解しようとするだろうと思う。

ここで、更なる、貧困化を止めなければ、日本は、どうなるのだろう。

更なる貧困化は新たな社会不安を増幅させる事にも繋がる。

物欲に邁進し、人間に不信に陥り、社会不安に慄く、こんな社会が遠くに見え出した気もする。


安心安全の国、日本を創りますとは、誰の言葉かは覚えてはいない。

しかし、政治家の言っていた言葉には間違いない。

当選する為にこの言葉を使う事はもう許される時ではないと思う。


是非、実現に邁進してください。

社会を、格差を、貧困を、そして心の貧困までも、

コントロール出来るレバーを持っているのは、国会議員の方達だけですから・・・。




ありがとうございました。




              ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。


















「東北、関東大地震」。

地震。

人類史上最悪の自然災害、「東北、関東大地震」。

被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

すべてのテレビ局が、すべての通常の番組を取りやめ、速報で、地震情報を流し続けている。しかも、まったくのコマーシャルを廃して、報道し続けている。いかに、この地震、津波、原発事故が大きな出来事かが伝わってくる。

政府の対応に注目されている人も多いと思う。

対応がどうだったか。後で、詮索されるのが常だ。

今回の災害は、人類史上最悪という通り、規模も内容的にも未経験の領域だということだ。

今回も、政府の災害の対応以前に、多くの問題点が露呈している。

一つは、情報。多くの被災者の方々が、口にされている「情報不足」。親子、親戚、友人、同僚・・。等々、との連絡がつかない。最低限の情報が欲しい、安否さえ分からない。

平素は無駄、贅沢と思える程の情報網、情報ツールも、一旦災害が起こり、災害時になると、無力と云えるほど、災害にあわれた人にとっては無力になってしまっている。

関東地方にいる友人に電話をかけてみるが、通じない。込み具合を思い知らされる。この日は、友人には申し訳ないが、遠慮することに決めた。考えてみれば、キャパがすぐにパンクすることは分かっているではないか。親子、親戚の安否の確認、連絡のために、遠慮すべきだと思った。

一つは、もう一つの情報。被災地から政府への情報。人間に例えれば、政府が頭とするならば、被災地は、手足の様子と例えれば理解しやすいと思う。手足と頭を結ぶ、神経が分断されている。分断されているというより、用意が足らない部分があるように感じる。

この部分は、政府ルートより、TV局ルートの神経のほうが太いかもしれないと感じる。TV局の情報に、右往左往したり、頼ったり、認知したりのようにも見える。

もっと良い、スムースな、中央と地方の末端の情報管理は、一旦、災害が起こると感じてしまう。

政府の言葉にも、常に「情報を収集して、分析して・・。」という言葉が使われる。もっともだが、情報収集に時間が掛かっている。もっと時間が短く出来れば、もっと良いと思う。

予測、想定を完全に超えた災害になってしまった。500年に一度あるかないかの規模の災害ということらしい。しかし、地震科学者は、予告は前からしていた。悲しいかな、予測していても、準備できなかった現実があったとは思う。

ライフラインは、いつの場合にも、自然には勝てない。水も食料も、道路も鉄道も、飛行機も寸断されてしまう。

しかし、凄いと思うのは、これだけの災害でありながら、鉄道でも、飛行機でも、犠牲者は出なかった。

さて、色々とすべてが、好条件とは云えない中、政府の災害への対応は、災害地の人々には、どう映っているでしょうか。

マニュアルに沿ってそつなくされているようには感じます。

しかし、史上最大の災害となれば、政府の予算の中で、補正予算を出して対応するということが報道されていますが、出来る範囲という考えを、少し広げて、国民に少し、助け合いの輪を呼びかけるのも良いのではないかと思います。通常、ボランティア団体の募金呼びかけが常ですが、政府の呼びかけの募金もあっても良いのではないかと思います。

それくらい、今回の災害は大きい災害だとTVを通じて、感じています。

政府の方々、災害地をサポートされている方々、報道関係の皆様、その他関係される皆様に、感謝を申し上げたいと思います。お疲れ様です。

重ねて、被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

ぜひ、頑張ってくださいと元気を送りたいと思います。



ありがとうございました。


p.s.

最後に大事なサポートは、心のサポートと、仕事(就職)のサポートだと思います。仕事が得られないと、本当に災害を乗り越えられた事にはならないと心配します。是非、ここまでのサポートが出来れば、と願っています。


p.s.

新聞の報道によると、M8.8は「広島型原爆の5万倍に相当する」エネルギーだった。と云うほど、巨大だったらしい。

人類が作り出した最大のエネルギーの5万倍になるとは・・・。

広島の真っ黒い焼け野原と、津波の後の茶色い風景はそっくりだ。どちらも地獄絵図にみえる。


p.s.

外国のメディアの報道も、トップでの扱いと紹介されている。日本の対応を高く評価もしている。

直後の対応だけでなく、被害者が、元の生活近くになるまでの、サポートを祈るばかりだ。


p.s.

参考までに。



  NHK総合     NTV       TBS

  フジテレビ   テレビ朝日    テレビ東京


さすが、NHKは早かった。

しかし、地震発生後、2時間くらい経過していたと思うが、事務所に帰ると、誰も地震の発生を知らなかった。

ラジオもTVも事務所での勤務中にはついていないのだ。

これは、現地でも同じことが言えるかもしれない。地震直後にTVをつけて、速報をチェックした人がどれだけいたか。そばに、TVかラジオがあった人がどれだけいたか。町内放送のようなものの有無はどうだったか。町内放送が聞こえていたかどうか。地震を察知する事は全員が出来たと思うが、津波の判断は、どうだったのかと思う。























中東情勢緊迫で原油高騰。

中東情勢緊迫で原油高騰。

少し前、ガソリンスタンドに行った時、突然、実感させられました。

いつも行く、通いなれた、ガソリンスタンド。

表示を見たとき、間違いではないかと、マジ思いました。

間違いでは有りませんでした。

こんな急激な値上がりって以前にもありましたか?

記憶には、ありませんが・・・。

それから、2日前、行きつけのガソリンスタンドで、告げられました。

「土曜日(3月12日)に上がりますよ。」と聞いた。

「上がりますよで無くて、上がったの間違いでしょう。」と聞き返してしまった。

「いや、又、上がりますよ。5円以上。最終的には、180円は軽く超えると思いますよ。」との返事。

「ホントの事ですか?」と思わず、確認してしまった。

返事は「ホントです。」だった。

今晩、これから、満タンににしておこうと思う。

原因は、中東の原油産油国の不安定によるということらしい。

これは、原因が、原因だけに、当分は下がりそうに無いかもしれない。

最高レベルの円高で、この価格だから、もし、円安に動き出すと、また、連動して上がる事になる。

総てに経済に、大きな影響がでる、原油価格。

過剰な価格競争 によるデフレと、原油価格高騰によるインフレの同時進行になるのだろうか。

少し前から、経済運転に徹している。

例えば、気にしないで走れば、リッター9km。少し気にすれば、リッター10km。徹底的に気にすれば、リッター11km。長距離になれば、12kmまで伸ばす事が出来る。

ここ最近は、リッター11kmで走っている。

参考までに、その方法は、

 ^媼韻垢襦− 満タンにしたとき、トリップメーターをゼロにセットする。

◆―个世靴鬚罎辰りと。− エンジン回転数は3000回転を超えさせない。

 急ブレーキをかけない運転。− 極力、エンブレを。

ぁ〜行中はエンジン2000回転以下。− 高速運転時は別ですが。

ァ々眤運転は走行車線を。− 間違いなく90km以下で走れます。

以上、これを守れば、リッター2kmは違ってきます。

また、付加価値としてのよい事が幾つかあります。

  ̄薪消罎離ぅ薀ぅ蕕激減します。

◆〇廚い笋蟇薪勝⊂り合い運転が増えます。

 間違いなく、安全運転になります。

ぁヾ岼磴い覆スピード違反がなくなります。

以上ですが、それで楽しいかと聞かれると、その答えは別として、感覚も、考える世界も違うものに変りました。

ズバリ、馴れると、かなり、快適です。

スローライフ。運転から始めると、すぐに、スローライフの実感が湧きます。

ガソリン高騰への対策の入口に、如何でしょうか。



ありがとうございました。



国会運営が大詰めに来た。

国会運営が大詰めに来た。

ゴールが、予算決定。

このゴールに向けて、てんやわんやというのが、素人の素直な感想だ。

一番は数による綱引きの、そのための数取合戦。

法案を良いから、可決しようとすることより、数で強行突破しようとして、いるように映ってしまう。

大前提に、いくら良い法案でも、全員大賛成で通過という事はない、となっているように見える。いや、良い法案ではないから、賛成者が少ないとしか思えない。

昔から、野党は常に反対してナンボの感じだ。国会って国民の代表が討議するところでしょう。党の優劣を決める場ではないでしょう。

ここで、素人の疑問

なぜ、つるもうとするのか?

小中高を通して、学校では、自分の意見を言いなさいが、教育の根底にあると思う。

しかし、逆に、国会ではつるんで、党の代表の言う事を聞きなさいとなる。これは完全に封建社会だ。民主主義の国の法案を決めるのにつるんでしまう。つるまなければ、出て行けとなる。これでは、党の為に一票強制されていることになる。

一人一人の議員さんは、それぞれの故郷の代表ではなかったのか。日本の為という概念より、党の為の概念を優先させてしまうのかと見えてしまう。

考えを同じくした人達がつるむのは良いと思う。しかし、それは、勉強会レベルまででいい。採決の時に、自分の意見でなくて、党の意見で票を入れてどうすると言いたい。

党の責任者は、もし、法案に自信があれば、党員に強制力を発揮する必要も無いはずだ。単純にこれは、良い法案ですから、・・・だけで良いはず。法案に自信がないから、高圧的に、強制的に、票を得ようとするように見えてしまう。

投票する前から、票が計算できて、賛否が分かってしまうなんてこっけいだ。形式だけの採決なんてしなくてもいいことになる。

素人の疑問

政治哲学に精通しているのか?

精通していない人こそ、辞職したほうが良い?

昨年、ハーバード白熱教室がブームになった。

その中で、ジョン・ロックとかイマヌエル・カントとか歴史上の哲学者の哲学が講義された。

日本の政治家の中で、この二人の哲学を習得しているという議員は何人いるのだろうか?

ご自分の哲学を持っているのかとお聞きしたい。

もし持っているのなら、自分の意思で、賛否に一票投じるはずだ。もし誰々先生に言われたから、党に云われたからというのでは、ご自分に投票してくれた、人々の意見を代表しているとはいえないと思う。

いや、知らなくても、日本に対する思いは熱いよと云われるかも知れない。ならば、なお更、政治家は、最低でも、哲学を知らなければならない。

なぜなら、哲学者こそ、人類の幸福と、その方法を考え抜いた人達はいないのだからと申し上げたい。

ハーバードの学生と、国会の討論を見て、比較すると、恥ずかしいと感じてしまう。言い換えれば、熟考した議論、戦いと、目先欲な本質を欠いた言い争いの違いに見える。

中卒でも、高卒でも、大卒でも良い、天才なら別だが、そうでなければ、議員に立候補するならば、300万円積ませるより、哲学のテストをした方が懸命だ。もちろん、その哲学のテストにパスしなければ、立候補すら出来ないようにするべきだ。

国会議員になってから、勉強ということも多いとは思いますが、・・・。

党の云う事のYESマンを当選させるために有名人を立候補させるなんて、国民の幸せを、本気で考えているとは云い難い。こっけいだ。

素人の疑問

悪法なのか、良い法案なのか?

数でごり押ししてまで通す法案は良い法案なのか?

邪まな法案を通そうと思うから数の原理とやらが必要になる訳だ。良い法案は通過する、悪いから通過しないということだけで良いのではないか。

単純だ。

数の原理を駆使してひょっとして、良くないかもしれない法案を通過させようとしてどうなるのでしょうか。

最近では、社会構造に大変革が起こった、規制緩和は良かったのか?これもごり押しではなかったのか。

ごり押しで通過した法案の、その後は、総て、良い法案だったのか検証していただきたい気もする。

一番心配だったのは、安部総理のときの憲法改正論、第九条の問題だ。多くの犠牲の反省の上に出来た、貴重な憲法を、近年の目先の情勢で変えようとした。トップダウンのYESマン議員の、数の原理で押し切られずにホッとした思いがある。



ありがとうございました。


浅草もアメ横も20年後の存続は。

浅草もアメ横も20年後の存続は。

アメリカにいた時、約25年前近くになりますが、一つのカルチャーショックを受けた事を思い出しました。

それは、特に、ロスでは、巨大ショッピングモールと、スーパーマーケットの巨大さだった。

有り余る、無料駐車スペース、大空間、大量陳列、大量購買の様には圧倒された。

日本では、無理だろうな。有り得ない。と当時の、アメリカの風景に圧倒されつつ、楽しむことが出来ていた、30代半ばの自分がいた。

それから、約25年足らずで、日本も同じ風景に変わってきた。政府の行った、規制緩和だ。ここから多くが始まった。始まった当時は、日本独自の古い文化と、生活に便利な新しいシステムに、生活を満喫する贅沢な環境になった。

しかし、共存することの難しさか。みるみる、そのバランスは崩れてきた。古くからの商店街は、みるみる内に、弱体化してきた。多くの顧客は、ショッピングモールに行き先を変えた。

価格、品揃え、駐車場・・・と商店街が勝てる要素は見当たらない。

跡継ぎ問題も深刻になった。売り上げが落ちると、跡継ぎがいない。跡継ぎは、サラリーマンに職変えとなって来た。地方の町では深刻だ。シャッターが下りている店が多くなってきた。

町で目立つもの、それは、すごいスピードで、コンビニと近代的なショッピングモールに変わった。どの町に行っても、同じ看板のコンビニ、同じ造りのショッピングモール、規模の大小があるだけで、イメージはほぼ同じだ。

古くからの商店街の活性化に苦労されている、この方々の苦労はこの波に対抗するには、小さく無力に見える。

このごろ、この商店街の維持は、とても大事なことだと思う様になってきた。商店街は、その地方のイベント、季節毎の祭りにも少なからず、大きく関わっている。それは、日本人の一つのこころだ。と叫んでもいい。

商店街が、生き残る、道は無いものだろうか。

2代目、3代目と、子供たちが引き続いていくには、今のままでは不可能のようだ。

地方都市では、すでに末期状態に見える。それは、本来、郊外型だったショッピングモールも、最近では、地方では、地価の安さも手伝って、かなり、身近な市内にも、商店街のすぐ傍にも出来ている。

商店街が維持できるのは、大都会だけかもしれない。大都会、東京、大阪の地価はショッピングモールの進出を防いでいるかも知れない。

思い起こせば、アメリカでは、既に、その様相だった。すごいといえばすごいが、便利といえば、超便利。しかし、殺風景といえば殺風景だった。

このままだと、地方では、日本中どこに行っても、同じ風景が待ち受けることになるかもしれない。

そこここの、全国の地方名物商店街は、維持し続けることが出来るのか。観光名所のお土産売り場も大丈夫だろうか。

確かに、ショッピングモールは便利。それを否定は出来ない。

しかし、便利さ追求だけの為に、便利さの為だけに、情緒、大げさに言えば、日本のこころまで、失って行く事になってもいいのだろうか。便利さだけ、安さだけには無い、価値がある。日本人の心の琴線に触れる、心を育ててくれる価値はあるはずだ。

ふうてんの寅さんが20年後の日本の風景を見て、何と感じるだろうか。

世界遺産も大事だが、地方を彩る、商店街も大事だ。

便利さと安さは、人間を腐敗させるという一面を持っているかもしれないと、そんな不安を感じてきた。

・・・。


ありがとうございました。









育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
プロフィール

salonsystem

最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ