The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

音楽

私の真空管アンプ。

私の真空管アンプ。

やっと写真にとりました。

知人の作ってくれた、手作りの真空管アンプです。

IMG_1105

窮屈そうに棚に収まっていますので、写真は、この角度からで・・・。

4本の真空管とトランスが、かわいく、にょきっとそびえています。

ボディは木、ウッドです。

手作りの加工品です。

まだ付き合いは短いのですが、愛着は、一生を共にするぞ位あります。

真空管の一本一本の名前はまだ、わからないレベルですが、追って勉強して、細かなスペックなぞもご紹介させていただこうと思っております。


IMG_1107


フラッシュをたいて、写真を撮ると上になりますが、フラッシュなしにすると下の写真になります。

IMG_1108

IMG_1110

小さな明かりが、スイッチを入れると、次第に、炭でもおこるように次第に、大きくなります。

小さなひかりが灯ると、命が入って動き出したんだと感じてしまいます。

このちいさなかわいい真空管くんたちが、スピーカーにつながると、物凄いパワーを出してくれます。

150Wのスピーカー、サンスイ SANSUI XL-900C スピーカー

サンスイXL-900Cがパワフルに、うつくしい音を聴かせてくれます。


真空管、見た目も、いい顔、姿をしていますが、出る音が、本当にやさしい。

言葉であえて、表現するとするならば、

イメージ的には、デジタルのカクカクとした、角があり、はっきりしたものが、

真空管アンプでアナログ化されると、角が、丸くなって、やさしさを感じるようになると云う感じだと思います。

CDのデジタル音源の、雑音のない、正確無比な音が、最後に、真空管アンプで、丸く、やさしく仕上げられる感じと思います。

聴けば聴くほど、味が出る。

と云うより、理解が深まると云うほうが正しいのかもしれませんが、ともかく、好きになるわけです。

スピーカーも、5種類くらいをとっかえひっかえで聴いていますが、同じ真空管アンプからでも、スピーカーの個性はクッキリはっきり出るもので、違う音色になるのは、面白いと思います。

それぞれに、好きですが、やはり、今、手持ちで一番好きなのは、上記のサンスイなのですが・・・、

これが、病気になるが如く、更に更にと、まだまだ、レベルは低くても、他の、スピーカーの音を聴いてみたくなるのは、困ったものです。

スピーカーもですが、真空管アンプもです。

知人の持っている、8本くらいの真空管アンプが、どんな、音を出してくれるのか、それこそ、喉から手が出るほど、ほしいのですが・・・、

自重ですね。

もう少し、自分のレベルが、上がらないと、猫に小判状態は目に見えていると、ブレーキがかかっているわけですが・・・、

たのしみにして・・・、

いまは、いつか、新しく出会う、真空管アンプくんと、スピーカーくんを楽しみにしておきたいと思います。

おかげで、還暦にして、やっと、音に目覚めさせていただきました。

という、日々です。




ありがとうございました。






                    ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


























音、は面白い。

音、は面白い。

今日は、カーペンターズと、高橋真梨子、そして、ベンチャーズを、真空管アンプで聴いてみました。

好きな曲が、更に、更に、更にでした。

カーペンターズのカレンの声は、これからは、真空管でないと聴きたくないほど、彼女の魅力が、たっぷりと響いてきました。

それでなくとも、彼女の歌声には、魅了されているわけですが。

高橋真梨子のラブソングも一段とすばらしく聴こえました。

甘い声には、より、魅力を発揮してくれると思います。

ベンチャーズは、曲は好きだが、エレキはちょっとと思っていました。

しかし、しかし、これも、いい。

同じことばかりいっていますが、良いのです。


曲の聞き方が、真空管アンプによって、変えられてしまったような気がします。

曲の中に、曲全体ではなくて、音を、音色を探すと云うか、探ると云うか、それに触れて、本当に、良い音だな〜と、嬉しくなるわけです。

そして、曲全体が、魅力が更に増していくわけです。


極論を言えば、きっと、どんな曲でも、好きになるような気さえするわけです。

音色さえ良ければ・・・。

例えば、佐村河内守の交響曲「HIROSHIMA」は、この真空管アンプがなければ、すばらしさが理解できていないかもしれないと思います。

普通のCDプレーヤーだったら、苦しさのあまり、聴くことができなかったかもしれないとさえ思います。

良い音が、曲の魅力を、すばらしさを、教えてくれる、手助けをしてくれる気がします。


話を進めると、

最近、総てが、デジタル。

ついに、TVもアナログは、姿を消された。

デジタル、それは、うつくしい。

確かに。

しかし、違和感もある。

綺麗過ぎないか?

異常に綺麗だと思う。

コレも、作り物に思える。

アナログのブラウン管に映っていたのは、自然を、カメラに収め、送られてきた自然のものと云う感じが強かった。

デジタルは、リアルより美しい。

コピー機でコントラストを強くしていったみたいな、鮮明過ぎる、クッキリしすぎる美しさとなっているように感じる。

それは、

疲れない?

と思ってしまう。

音も同じ、クッキリはっきりの言葉は、良く聞こえるが、やりすぎではないかと感じてはしまいませんか。

これら、デジタル画面、デジタル音は、知らず知らずのうちに、ストレスになると思う。

その証拠に、長く聴きたい、見たいとは思わないと思います。

音も、大きな音は、うるさく感じて、きっと、小さな音に、無意識にしているのではないかと思います。


身の回りから、姿を消した、アナログ、これこそ、人間に、最も近い機械だと思います。


ちなみに、デジタルチューナーから、アナログのブラウン管で見る、画像は、それでも、今まで以上に綺麗です。しかし、アナログのやさしさもあるわけです。

CDからの曲を、真空管アンプで聴くのは、これと同じ感覚なのかも知れないとふっと感じるわけです。


人間らしさから、遠のいていくデジタル機器。

デジタル機器はパソコンだけでいいよ。

といいたくなる、アナログおじさんの叫びでした。




ありがとうございました。






                    ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html















真空管アンプで長渕剛が良かった。

真空管アンプで長渕剛が良かった。


仕事に追われる、生活では、なかなか、真空管アンプと遊ぶ時間も取れない。

昨日もながらで、彼の曲を聴いた。

彼の曲は好きで、車のナビに録音されている付き合いだが、つまり、車では良く聴かせて貰ってきた。

真空管アンプでは、不思議と聴いたのは初めてになった。

彼の曲は、殆ど好きだが、正直、聞きたいと思わない曲もあった。

理由?はと、自分に問うと?

感覚的にうるさく感じてしまうのだろうか?

これまで、聞く頻度がぐっと低い曲がある。

それを、あえて、スキップせずに、聴いてみると、??いい。

嫌と感じていた部分が、100%消え、良い部分ばかりが、耳に残る。

これは???

なぜ、そうなるのかわからない。しかし、

うれしい。

発見になった。


クラッシックから始まった、真空管との付き合い。

それぞれの曲の魅力の再発見にうれしい。


真空管アンプ、それは、自宅でもなく、メインの事務所でもなく、週一くらいの頻度で訪れる、第二事務所と云うか、倉庫と云うか、その地下に設置している。

多くて、週一、用事がなければ、間隔は開く。

それも、時間が無くて、いつもながら、仕事をしながら聴く。

ながらを続けて、70歳定年をめざして、暖め続けることにしよう。



ありがとうございました。







                     ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


















真空管アンプ好き益々。

真空管アンプ好き益々。

真空管で、ネットサーフィンもどきをやっていたら、すごい、真空管の達人の、ユーチューブに出会ったので、ご紹介させていただきます。









レストラン コンコルド のオーナー佐久間さんと云う方とあります。

早速、館山にいる知人に電話で聞いてみると、知人も夫婦で出かけて、うわさの真空管アンプの音色を聴いたらしく、良かったといっておりました。

これ程、音にこだわる人っていい。と思います。

それにしても、レストランなのに、メニューはハンバーグのみと云うのもいい。

こだわりの深さが、ここにも表れているような気がする。

知人とほぼ、約束してしまった、行くから、コンコルドに連れて行って!


しかし、ユーチューブの音、と云うより、このノートブックの音はひどい。

せっかくの、真空管アンプの録音が、まるで、昔というか、安物のラジオ並み以下の音になってしまっている。


今日も3時間足らず、地下室に篭り、真空管アンプの美音を聞いてきた。

もちろん、ながら族なので、身には半分も入っていないと思うが・・・。

始めに、ハワイアン、次にビートルズ、次に、ブルックナー第九番、・・・どれも好きでした。

音楽は、一番は、ライブだと思う。

ライブを見ると、その次は、いい音の再生で聞く。

純正のようなカーステレオでは、駄目だとつくづく思う。

やはり、もっと、いい音の方ががいい。

やはり、真空管アンプ。

これが、やはり、いい。

ビートルズも、うるささが、まるで抜けて、より、とってもいい曲に聞こえます。

ハワイアンなぞは、クリアサウンドといいながら、実は角々しすぎる音のデジタル再生機には、曲を好きにさせるだけの力はないと思い込んでいるところもある。

丸い音、それが、真空管アンプの真骨頂だと思う。

ブルックナーも角々しい音では、聞きたくない。

いい音で、ブルックナーを聞くと、名曲が更に輝きを増すように感じられる。


真空管アンプ、全く手放せない、生涯の友となってしまった。

また。時間を作って、いい音のシャワーの中で、うたた寝をしてみたい。

きっと、極上の幸せだと思う。



ありがとうございました。





         ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html
















ハワイコールズのライブ。

ハワイコールズのライブ。

ハワイコールズは親父バンドです。

尊敬と敬愛を込めて、爺バンドと呼んだほうが、初めての方にはイメージが伝わるかもしれない。

リーダーの方の年齢が75歳近くだったと思う。

メンバーの方々の年齢もそれに続く。

リーダがスチールギターで、ベース、ギター、2名のウクレレ、ドラム、キーボードの7名編成。

キーボードが女性で、他は男性。


場所は、町の昔ながらの風情のレストランと云うより、食堂と云ったほうがイメージしていただけると思う。

オーナーが、音楽好きで、3回目の演奏になると云う。

イス、テーブルを片付けて、ステージと客席が作られていた。

一番前の真ん中に座ってしまった。

真近か過ぎるところで、聞かせてもらった。


生はいい。

暑かった夏の終わりのハワイアンもいい。


何曲か?きっと10曲くらいは聴かせてもらった。

フラダンスも目の前で、やさしく、舞われた。


あっという間に時間は過ぎた。


ありがたい、やさしい、こころ温まる貴重な時間だった。


用意も、後片付けも、食堂の方と、バンドのメンバーでやる。


少し、お手伝い、しかし、アンプの重さには、びっくりした。

この重さを、彼達、で、運ぶ、決して、若いとは・・・失礼でした。

そんな、こんな、100%手作りのライブでした。


音楽の中に、あたたかいこころが120%こもる。

これが、受けた感動でした。


イス、テーブルが戻った後、メンバーを囲んで夕食。

輪の中に入れていただいて、わいわいがやがや。

これが、仕事人間にとっては、異次元の世界に感じる。

素直な感想が、「音楽仲間はいい」。


食堂のオーナーの、サービスが良すぎる。

注文したのは、定食。

しかし来たものは、スペシャル、スペシャルなスペシャルディナー。

和食が、日本人のわいわいがやがやには、良く合う。

頭と心に、目一杯充電された後の、この食事は、喉につまる。

胃は空のはずなのに、こころが満ちて、パクパク食べることが出来ない。

特に記憶に残ったのは、最後に出していただいた、ぶどうのジュース。

これは、特に、うまかった。

あまく、あっさりとして、気持ちよく、喉を通った。


6時半に始まり、10時になろうとした時間は、速く過ぎた。


雨も上がり、さわやかな、気分で家路に着いた。

昭和のよき時代を思い出させてくれる、思いがした。

ありがとうございました。



ありがとうございました。




            ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html
















育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ