The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

音楽

コロンビア真空管ステレオ。

コロンビア真空管ステレオ。


先日、知人より、コロンビア真空管ステレオを頂いた。

コロンビアA04072012

懐かしい。

見覚えのあるデザイン。

コロンビアB04072012

AM/FMラジオ。

そして、レコードの再生が出来る。


しかし、ターンテーブルは動かなかった・・・。

コロンビアC04072012

スピーカーを乗っけてみると、こんな感じ。

2本のスピーカーを合わせると、本体とほぼ同じ大きさに作られている。

これを両サイドに置けば、当時、かなり、最先端のステレオだったのだろうと思う。


裏を開けてみると・・・、

コロンビアD04072012

年代の数だけ、ほこりがつもり、

あったかいせいか、クモの巣もあった。

ブラシと掃除機で、ざっと、掃除。

きれいになった。


かわいい真空管が、10本くらいはあるだろうか。

左半分は、

コロンビアE04072012

右半分は、

コロンビアF04072012

さらに、仕切りの裏側にも数本あった。


ターンテーブルをはずし、モーター部分の軸部分に油を注ぎ、

待つこと少々・・・。

油が回ると、動くようになった。


さて、電源スイッチを入れてみる。

見事に、ターンテーブルは動き始めてくれた。


ちいさな真空管に灯が灯る・・・。

次第に明るさも威力を増して・・・、

命の灯が灯ったような感覚にも・・・、感じる。

このステレオ君、元気に動き出したんだな・・・、と感じる。


すぐにでも、レコードをかけてみたいところだが・・・、

それは、しばし、お預けにした。


レコード針が心配・・・。

レコードを傷つけては困る・・・。


さらに、針のアームを止めるスタンドが折れて、アームが固定できない・・・。

それは、プラスチックで出来ていた。

まず、そのスタンドを、強力接着剤でくっつけてみようと思う。

それから、針を買って・・・、と云う段取りで。

針があるのだろうか・・・。


しかし、この時代のこの商品、手作り感満載だった。

ターンテーブルの載っている板はベニヤ板。

そのクッションは、親指に巻いたサイズ位のスプリングが、四隅にある。


小さな基盤に抵抗、コンデンサー類があったが、トランジスタはゼロだと思う。

真空管が載せられている箱の裏までは見れなかったが、きっと、手作り配線だと思う。


さて、ラジオはどうだろうか。

立派に鳴るよ、とは教えていただいていた。

なにせ、設置場所が、地下室。

ここで、電波が拾えるのか心配だった。


FMはアンテナが無いので、今回は断念。


さて、

AMラジオはどうだろう。

1350KHZ、いつものRCCラジオ。

入った。

今日は、デーゲームで、カープが5連勝。

夜は、トーク番組だった。

いい音だ・・・。

チューナーを回して、ベストのポジションを探すが・・・、

完全には、雑音から逃れることは出来ないが、

普通に、聞くには十分だと思った。

地下室だから・・・、やはり、これ以上はむつかしい。


1071KHZ、NHKはどうだろうか・・・。

おどろいた。

雑音ほぼゼロ。

クリアなまろやかな声が・・・。

やはり、トーク番組だったが、声がやさしい。


しばらくすると、曲がかかった。

やはり、やさしい、なつかしい音だ・・・。


う〜ん、まずい。

やらなければ、ならないことが、山積みなのに・・・。


やさしい、音に、声に、しばし、聞き入った・・・。

やはり、なんともいえない、やさしい、いい音。

やさしい、声。


これは、ちょっと、虜になりそうだ・・・。


いつの時代のステレオだろうか。

昭和の30年代だろうか。

40年代だろうか・・・。


とにかく、やさしい音だ・・・。


いい思いに引きずられながら、今日は、とりあえず帰宅の途についた・・・。



ありがとうございました。


















佐村河内守 交響曲第1番「HIROSHIMA」を友人と聞く。

佐村河内守 交響曲第1番「HIROSHIMA」を友人と聞く。


先日、中学からの友人を地下室の倉庫の・・・、

今は、倉庫から男の隠れ家に呼び名が変わった場所で、念願が叶った。

交響曲1番「HIROSHIMA」を友人と聞く会が持てた。

IMG_1105で、佐村河内aを聴いた。

しかし、少々、まずかった。

余りに久しぶりの飲み会になったので、聞くことに集中できなかった。

駄弁りながら聴くと云う事になり、

ホスト役としては、全く、聴くことには集中できなかった。

二人の友人は、きっと、その日が、初演であったと思う。

特に、真空管での佐村河内守の交響曲第一番「HIROSHIMA」は、

全くの初演だったと思う。


もう既に、聴くことは、50回前後の回数まで伸びてきたので、かなり、理解も深まってきた頃かもしれないとも思う。

特に第三楽章は、聴く回数が多い。

どうしても、聴き始めると、

最後の鐘を聞きたくなる。


この日も、繊細なちいさな音から、最後の大きな音まで、音量を変えることなく、終了した。

友人二人は、何かを感じてくれただろうか。

演奏が終わるやいなや、終電の時間となった。

後片付けも、そこそこに、駅へと急いだ。

そして、「じゃ、また。」の言葉だけで、別れた。


友人にとって、ダベリと、演奏とどちらが有意義だったか。

聞いてはいないが・・・。

一度で、「HIROSHIMA」を心の中に入れるのはきっと難しいと思う。

また、集まれる時間が取れたら、今度は、集中して、聴かせてやりたいと反省も少々。


今日、「HIROSHIMA」を紹介していた、クラシックファンの別の知人、にTELすることがあった。

電話で一番、「聞きました。凄くよかった。」とのこと。

やはり、自分のような素人ではなく、長いクラッシックファンの人には、一度聴けば解るのだと感じさせられてしまった。


今度、ながらでなく、細切れでなく、

落ち着いた気持ちで、

たっぷりと、

じっくりと、

一人で、

引き込まれるように、

佐村河内守 交響曲第1番「HIROSHIMA」を聴いてみたいと思う。




ありがとうございました。







             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html















セルゲイ・プロコフィエフのピアノ協奏曲2番。

セルゲイ・プロコフィエフのピアノ協奏曲2番。


セルゲイ・プロコフィエフ Сергей Сергеевич Прокофьев  のピアノ協奏曲2番がNHKのN響の番組であったものを録画していた。

思い出して、DVDにダビング、プレイしてみると、彼のすさまじい曲に圧倒された。

調べてみると、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%95

のウィキペディアに書いてありました。

22歳の時の作品でした。



男の隠れ家です。


     カクレガ11142011

この隠れ家で聴けば、音量はかなり上げる事が出来ます。

地下一階、周りには民家なしの環境の中にあります。

音源はDVDですが、アンプは真空管。

一番大きいスピーカーがサンスイでクラッシックはこれに決めています。

あとは、ミニコンポ用のスピーカーですが、かなり満足しています。

最近買ったのが、右の下のブロックの上においてある黒く見えるスピーカーですが、

相当なるお気に入りになっています。

リサイクルショップで¥1900でGETしたものですが、大音響で走る車に装着してあったものだと思います。

低音を期待してでしたが、真空管アンプを通して聴く音は、決して暴れ馬風でもなく、まろやかで良い音に聴こえます。

カクレガ11142011


ついでに、真空管のTV2台も仲間です。

DVDの画像をブラウン管で写しながら、音は真空管でというアナログ仲間で楽しみます。

アナログが、本当に良いと思います。

画像も、ハッキリし過ぎない、輪郭がもやっとしているところが、とても自然に感じるわけです。

そうそう、このTVも一台1000円でゲットしました。

使い分けはあります。右の横長画面の方が、より、もやっとして、目にも心にもやさしいと感じてしまいます。




話をもどして、

セルゲイ・プロコフィエフのピアノ協奏曲2番はDVDの録画ですから、当然、今回は右のよりもやっとで見たわけですが・・・、

勿論、聴いたわけですが・・・、

この曲は、CDで聴くだけだったら、

あのピアノの超人的な技術は、素人には想像すら出来なかったと思います。

曲を聴くのを忘れて、素人は、見入ってしまいました。

こんなすばらしいテクニックで、こんな攻撃的な曲が出来るのだと、圧倒されました。

次回は、CDで、曲だけを、目を瞑って、攻撃的に聴いてみたいと思います。



最近の悩みは、この音楽鑑賞にあります。

つまり、仕事が出来ないのです。

ながら族ですることが出来なくて困っています。

何にも考えず、ボーッとして、聴く事に集中してしまうからで・・・、本当に困っています。

今日も考えなくてはならない事があった訳ですが・・・、

このブログが終了し次第、取り掛かろう。

というところまでずれ込んでしまいました。

今、11:23pmです。


本当に、良い曲に出会うとうれしい。

のめりこんでしまうのがまずい。

まぁ、許していただこう。

きっと、大いに人生に役立ってくれていると思うから・・・。




ありがとうございました。












              ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html

















わが心のジョージア レイ・チャールズ物語。

わが心のジョージア レイ・チャールズ物語。


わが心のジョージア レイ・チャールズ物語を読み始めた。

きっかけは、DVDを借りてみて、図書館に行くと、この本が目に留まってしまったからです。


1995年に帰国するまで、アメリカに8年半いたのに、残念にも縁がなかった。

しかし、あまりに、映画のインパクトが強すぎ、彼の多くを、もっと、知りたくなった。


本を読む時間を創る所から格闘は始まって、

まだ、30ページ足らずしか読んではいない。

しかし、ブログを書こうと云う気持ちまで沸かせられるすごい天才だと感じました。


彼の天才ぶりは・・・、比較に、自分を思い起こしてしまいますが・・・。

月とスッポン、雲泥の差、天と地の差、・・・と、改めて、言葉の意味を突きつけられる思いがします。


自分を振り返ると記憶は5歳、6歳くらいからのような気がしますが、

彼の記憶は3歳には、既に、はっきりとある。

まねをして、たどろうとしても、全く、糸口さえも見えない。

さらに、彼は、3歳で音楽との出会いを知っている。

音楽の楽しさを既に知っていると云う、凄さは言葉が見つからない。

これは、佐村河内守の自叙伝を読んだときも、同じ思いを感じた記憶が蘇ってきた。


やはり、天才は、生まれて、しばらくの間で、既に、天才振りを示すものだと感心し、脱帽の思いで、読み続けていく。

彼は、音楽の天才振りと、苦悩が織り成すように始まっていくことも書かれている。


この苦悩も、尋常ではないこともわかる。


弟の目の前での、助けることもどうすることも出来なかった溺死。

自らの、緑内障での失明。

貧しさゆえの苦悩の数々。


しかし、

彼の幸運は、愛情の豊かさにあると、つくづく思い知らされる。

子供にとって、総てを、苦とせず、克服できるキーワードは、母の愛情に勝るものは無いと痛感させられる。


母と子の、愛情のつながりを寸断させようとするものは・・・、

一つには、考えられないような貧困。

盲学校の寮からも、全員帰宅するというクリスマスの日にも帰宅できない貧困。

汽車賃が、すら、無い貧困。

それに伴う、残されたものの孤独。

母も、心を鬼にして送り出し、一刻でも早く会いたいだろうという気持ちさえも耐えていく気丈さ、我慢強さ。

言葉を失うほどの、不幸の日々に、負けない心に、愛情に感じるものは大きい。


貧困、これ程の貧困は日本では、既に、無いと思う。

しかし、これほどの、愛情も無いかもしれない。

これほどの、凛とした姿勢も無いかもしれない。

失ったとも感じる部分は多い。


かつて有った、日本の宝に出合える思いもした。

一番大事なもの、親子の情愛。

特に母子の情愛は、金銭、物品、贅沢を凌ぐ。

それは、失明と云う病苦までも凌ぐ、乗り越えていく。

母と子の情愛の凄さを教えてもらった。



彼の、音楽への、天才ぶりは、音楽が好きと云う一点から留めなく流れ初めて来ているのだろうと思います。


自分を振り返ると、これが好き、と云う概念はいつ、何に生まれたのだろうと思い返してみる。

無い。

と云うのが、正直な実感だと思う。

言い換えれば、好きでもない物を、でも、やって来たと云う感覚もある。

この年、60歳になれば、好きなことといえるものも出来てきた。

やっとであると思う。

音楽を心から好きになれた。やっとであると思う。

余りに遅い。

やっと、人生終盤に差し掛かっての気付きとは、我ながら情けない。


レイ・チャールズ、人生の出発で出会えた、好きな事、音楽。

うらやましくもあり、その才能のすばらしさには、凡人としては声も出ない。

受ける恩恵に、すばらしい音楽に、感謝あるのみです。


しかし、音楽は本当にすばらしい。

音楽そのものもですが、

多くの、天才に出会える。

CDのジャケットに、目を落とすと、作曲者、指揮者、演奏者の天才振りには、驚きと賞賛しか感じられない。


遅く、遅く、遅すぎたけれども、音楽のすばらしさに、音のすばらしさと共に、多くの天才に出会えたことも、本当にありがたい。





ありがとうございました。






                 ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html




















真空管とデジタルアンプで・・・聴く。

真空管とデジタルアンプで・・・聴く。


真空管アンプとデジタルアンプで、聴き比べをしてみた。

聴いた曲は、

知人の勧めで、マーラーの交響曲5番。

更に、マーラーの交響曲4番。

更に、ブルックナーの交響曲8番。

そして、ブルックナーの交響曲9番。


心と脳に、栄養たっぷりで、過ぎて、ボーッとした気分になりました。

知人のお奨めのマーラーの5番はしっかりと聞きました。

後は、ボーッと聴きました。

実は、スピーカーを5セット、切り替えながら、スピーカーの個性も楽しみながら聴きましたので、ホントに記憶がごちゃ混ぜになりました。


知人のお奨めどおりでした。

素人の自分にも、かなりのインパクトが感じられました。

素人には、やはり、一回では到底無理で、

体も、心も投げ出して、聴くがまま状態で、終わったという感じです。


真空管アンプで聴き終わって、

デジタル(IC回路のもの)のアンプで、再び、印象の強い最終楽章を聴いてみる。

ひいき目の心と耳は、明らかなる差を感じる。

柔らかさが違う。

CDプレーヤー、スピーカーは、同じにして、聴いてみたが・・・。

しかし、嫌いではないと思う。

個性が違うだけで、

デジタル回路のアンプも好きだと思う。

上手く説明できるレベルではないので、申し訳無いと思います。

回路を簡単に切り替えるように出来ましたので、繰り返し、聴き比べてみたいと思います。


スピーカーも面白いと思います。

ビクターのスピーカーは、小さくても、良い音を出してくれると思いました。

持っている中では、サンスイが一番好きな良い音だと思っています。

あとは、ケンウッド、パイオニア。

ケンウッドが高音がよく出ると感じます。

パイオニアの音は、やさしいと感じるのは、低音がよく出のでしょうか?


地下の隠れ家が、スピーカーで溢れるようになるかもしれないくらい、

スピーカーのコレクションに、はまりそうです。

勿論、新品ではなく、ユーズドの中古に限るわけですが・・・。

これを、捜し歩くのも、実は、楽しいわけです。


小さくて、安くて、良い音が出るのに、巡りあえたら、最高の喜びです。

20個、30個くらいは、直ぐになりそうで、・・・。

困ってしまうかもしれない。


しかし、音楽は楽しい。

それ以上に、音は楽しい。

間違いなく、音で、曲のイメージは上がると思います。


素人のチャレンジでした。



ありがとうございました。








                 ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html



















育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ