The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

野球、広島カープ

カープに思う。その10

カープに思う。その10

 

昨日の試合のヤフーのニュースを見てみると、

 

 

マエケン「こんな負け経験ない」救援陣9回に5失点…広島

スポーツ報知 521()81分配信

 

 ◆交流戦 広島4―5日本ハム(20日・マツダスタジアム) 9回2死からのどんでん返しに信じられない表情を浮かべた。4点リードの9回。3安打と2失策が絡んで逆転されると、前田健はグラウンドに背を向けた。最悪の逆転負け。エースの全身から、怒りがにじみ出ていた。

 

 「こんな負け方は経験ない。僕にとって…、1勝するのが先発として難しいか、勝つのにどんなに苦労するか。今日勝ちきれなかったのは悔しいというか、何と言っていいかわからない。今までにない気持ち」と感情を押し殺しながら言葉を選んだ。7回まで6安打、無失点の好投。リーグトップタイの5勝目がスルリと逃げていった。

 

 本拠地で不運続きだった。4月30日のヤクルト戦では雨で試合開始時間が遅れたことを知らされずに登板して敗れた。13日の中日戦でも水のまきすぎのため、マウンドでバランスを崩し、5回4失点。これで本拠地では3試合連続白星がない。

 

 「こういう試合を拾えないと上位にいけない。僕のピッチングなんてどうでもいい試合」とだけ言い残し、球場を後にした。尾を引きそうな敗戦になりそうだ。

 

 

 

だれもが、勝利を信じた後の、逆転。

 

100人が100人信じられないと思ったと思う。

 

 

勝利の方程式に完全に乗った投手リレー、試合運びではなかったのだろうか。

 

素人は素直にマエケンの交代に何故と思う。

 

彼の肩を考慮しての交代であり、勝利への万全の処置とは思う。

 

 

しかし、完封目前、完投目前の力投中の投手こそ、

 

最高の勝利への方程式だと思えるのだが・・・。

 

 

リリーフは、投手が力尽きた時に助けにいくものだと思うが・・・。

 

現在進行形の投手を変えれば、相手チームは、小躍りして喜びはしまいか・・・。

 

 

打席順で、どうしても、ヒットが必要ならばやむを得ないとは云われる。

 

 

それよりも、先発投手に、完投、ましてや、完封の勲章をプレゼントする事は、

 

さほど、重要ではないのだろうか。

 

他チームの完封、完投勝利を挙げた選手のヒーローインタビューは、

 

喜びが溢れていると思う。

 

 

肩の為に、疲れの為に、途中降板。

 

選手を思って、思いやりの交代とは思いますが・・・。

 

それよりも、完投、完封こそが、最良の良薬なのではないのだろうか・・・。

 

 

新聞にも書かれている通り、

 

それにしても、マエケンは、気の毒だった。



それにしても、これで、何度、完封、完投のチャンスが逃げていったのだろうか。
 

と、総てのカープファンが、そう感じたのではないだろうか・・・。

 

 

 

ありがとうございます。



p.s.

マエケンのブログです。

http://ameblo.jp/maeken-18/





カープに思う。その9

カープに思う。その9


久々に、勝った。

完全な投手陣。

頑張った打撃陣。

そして、運も神も味方してくれた。


東京のファンと、選手が同化していたようにさえ感じた。


これだよね。

幸せな気分に浸らせてもらった。



4月を振り返ってみると・・・、

今季、ほぼ完璧に近い投手陣の頑張り。

しかし、なにかが、壊れたように、大きく点を取られる事がある。

プロの世界は、物凄く、微妙、繊細なのだと感じさせられる。


やはり、守備だけでは、

投手の頑張りだけでは勝つことはできない。


負ける試合は、先に、気持ちで負けてしまうようにも見える。

そして、気持ちが負ければ、逆転は、殆ど期待出来ない。

逆に、逆転されると、そのまま負けに成るような気もする。


技術と、気持ち、がうまく噛み合わないじれったさも有ると思う。

運と、気持ち、も上手く噛み合わない悔しさもあると思う。


気持ちが折れて、負ける。

こんな負け試合は多いと思う。


気持ちが折れる試合があると、どうするのだろうと心配になる。

精神的支柱はなんだろう・・・。

だれが、心のケアをするのだろう・・・、と思う。


今の、カープに、最も必要な物は、精神的ケアかもしれない・・・、と思ったりですが・・・。

それは、元気さえあれば、負けないカープだと思う。

その原因、元気の無さは、多くは、負け試合からだと思うが・・・。



元気を取り戻す方法の一つに、果敢な挑戦があると思う。

例えば、

堂林選手の三振は多い。

しかし、昨日も、試合を決めるヒットを打った。

彼の、果敢な挑戦が、勝利をもたらしてくれたような気がする。


思い切り振る。

思い切り走る。


この二つだけで随分とファンの気持ちは幸せになる。

結果を恐れると、思いっきりが、妙に、慎重に変わるのかもしれない。

ファンは結果を決して恐れてはいないと思う。

ファンは、結果を恐れて、慎重に、

あるいは、消極的にも見える選手の心を恐れているのだと思う。


それは、

果敢な盗塁も見たい。

それは、

成功すれば、一打で、ホームをつける。

一点入る。

この醍醐味を味わいたい。


昨今の、

チャンスは作れど、残塁の山は、気持ちが落ち込む。

心に、あと一本・・・、と悔しさだけが募る。


連打で、点を取る事は難しい・・・。

2回に一回の成功でも、2回に一回は点を取れるかもしれない。


やはり、カープの原点、走塁は魅力がある。

果敢な盗塁を、例え失敗しても、きっと、責める人はいないと思う。


果敢な走塁から、攻撃のすべてが生まれてくるような気もする。

そのリズムが、カープの気持ちを明るくしてくれる。


開幕1ヶ月、初めて、東出選手が盗塁をした・・・、

えっ!

とアナウンサーも実況中、驚いていた。



さあ、五月。

鯉のぼりの季節の真っ只中。

勇気を出して欲しい。

不安を投げ捨てて欲しい。

子供達に、チャレンジするカープの姿を見せて欲しい。


結果は後から付いてくる・・・。

この名言を信じて、

滝をも登る鯉の如く。


サファティの言葉通り、

こんなに弱いカープのはずは無い。


選手の心の支え、

それは、全国のカープファンがになっているようにも思える。


真っ赤なスタンド。

何よりも強い応援だと思う。


がんばれ、カープ!





ありがとうございました。











カープに思う。その8

カープに思う。その8


阪神戦、最悪の負け方で負けた・・・。

これは、カープ球史に残る負け方だと思う。

投手、最高のがんばり。

最高の出来。


すべての問題は、攻撃と守備にあった。

さよなら負け・・・。

原因は、エラー。


1対0のスコアー。


攻撃は、

タイムリーヒット、ゼロ。

犠打、失敗。

盗塁はあっても、攻撃的なものはゼロ。

つまり、キャッチャーも投球しない場面だけだった・・。


肝心なときの三振。


これだけ、封じ込めれられる試合も無いと思う・・・。


ともかく、ツキまでもなかった・・・。

4番打者の故障で登録抹消・・・。

神様、ここまでの試練をカープに頂くとは・・・。



こんな試合は、選手にとって、最もくやしい試合ではないだろうか。

くやしくてくやしく・・・、

だと思う。


この敗戦、1敗はタダの1敗ではない。

10敗にも相当するかもしれない。

10勝にも相当するかもしれない。


この敗戦のくやしさがバネになれば、

必ず、10勝に値する1敗だと思う。


きっと、これからのカープの頑張りは、10勝に値する1敗になると信じている。

神様も、味方してくれるに違いない。

その証拠に、リーグははじまったばかり。

最悪の試練を、いまから、役立てるように、与えていただいただけに違いない。


ショックを乗り越えて、さらにレベルの上がった、カープを期待されての試練だと思う。

カープは、さらに強くなる。


さらに強くなると思う。




ありがとうございました。











こんな試合は、物凄いエネルギーになると思う。

物凄いエネルギーが沸いてくると思う。


投手の最高のエネルギーに、かみ合う攻撃になると思う。




カープに思う。その7

カープに思う。その7


中日3連戦、3連敗の後の阪神3連戦の最初の一戦。

場所は、甲子園。

勝てる要素は、むつかしい・・・。

と思っていた・・・。


前半は押していても、後半押し返されて負けるパターンはたびたびある。

投手に気の毒な敗戦パターンで、負ける。

この日も、ここで1点取っとけば・・・、と云うところで、取れないで試合はすすんだ。

1点取られれば終わり、こんな雰囲気は漂ってきていた。


しかし、今日のマエケンは、さすが。

踏ん張った。

8回を2安打。

その8回に、奇跡を思わせる堂林のプロ初ホームランが出た。



BSで放送があった・・・。


試合は、すばらしい投手戦だった。

裏を返せば貧打だが、だれもこの試合をそう感じる人はいない。


エラーもあったが、それを責める気持ちは沸かないほどの、気迫が伝わってきたと思う。

丸のファインプレーは。今夜のカープを救った。

阪神の2度にわたる内野のファインプレーは、カープを意気消沈させるに十分なプレーだった。


しかし、今夜のカープの気迫はそれを上回っていたのだと思う。

見ているものに、最後まで、負ける気など、感じさせてはくれなかった。


盗塁失敗もあった。

しかし、それを責める人は誰もいないだろう。

失敗しても、尚且つ、賞賛される積極性だったと思う。


この勝ちは大きい。

この勝ち方は、今年のカープを象徴しているかもしれない。


選手の皆さん、ありがとうございました。



今日のスポーツ記事を記念に、貼り付けておこうと思います。


スポーツ報知

マエケン8回0封で3勝!堂林、プロ初本塁打がV弾!…広島

 ◆阪神0―1広島(24日・甲子園) 広島は8回、堂林が決勝のプロ初本塁打を放った。前田健が8回2安打無失点で3勝目。サファテとの無失点リレーで、チームの連敗を3で止めた。

 前田健はリーグ最多得点の阪神を8回まで2安打に抑えた。「調子は良くなかった。全然駄目」と言う中、5回まで無安打で切り抜けた。

 6日にノーヒットノーランを達成。同一年2度の無安打無得点試合なら史上初だが、6回に平野に内野安打を許した。ただ、二塁の東出がグラブに当てていただけに「エラー(の判定)にしてくれれば良かったのに」と、防御率0・97と1点台を切った自信を感じさせた。


8回零封の好投で3勝目を挙げた前田健



産経新聞

広島20歳の堂林、思い出の甲子園でプロ初アーチ

 (セ・リーグ、阪神0−1広島、4回戦、阪神2勝1敗1分、甲子園)思い出の甲子園、そのダイヤモンドを無我夢中で駆け抜けた。ヒーローは広島3年目、20歳の堂林。「歓声は聞こえたけど、正直入るとは思わなかった」。八回に飛び出したプロ初本塁打は、0−0の均衡を破る値千金の決勝弾となった。

 阪神先発のメッセンジャーにチームは七回まで1安打。堂林は五回に失策を記録し、エース前田健にも迷惑をかけたが、「マエケンさんが0点でいっていたので、とりあえず塁に出て後ろにつなげようと思った」。スライダーを振り抜くと、打球はバックスクリーン右へ、ぐんぐんと伸びた。

 中京大中京高で甲子園の優勝投手となったのが3年前の夏。高校時代から非凡な打撃センスが注目されていたが、決勝戦でも右中間へ本塁打を放った。「(右方向は)自分が一番調子いいときの打球」と話す。試合前、前田健は「きょうも頼むぞ」と声をかけたというが「まさか打つとはね」と驚きをみせた。

 開幕から起用してきた野村監督も「彼の魅力はバットを振れるところ。すばらしい打球」と目を細めた。ただ、本人にとって今はアピールを続ける時期。思い出詰まった球場での本塁打にも浮かれることなく、「甲子園のときの自分は忘れてほしい」と強調する。聖地で育った若武者が、同じ舞台でプロでの一歩を踏み出した。(丸山和郎)






日刊スポーツ

【広島】マエケンが対阪神戦5連勝

阪神に勝利しサファテ(右)らナインと笑顔でタッチする前田健(撮影・上田博志)
阪神に勝利しサファテ(右)らナインと笑顔でタッチする前田健(撮影・上田博志)

<阪神0−1広島>◇24日◇甲子園

 広島のエース前田健太投手(24)が8回2安打無失点の快投で、今季3勝目を挙げた。5回まで四死球と失策の走者を出しただけの無安打投球。6日のDeNA戦で達成したノーヒットノーランの再現は、6回に平野の安打で消えたが、阪神打線につけいるスキを与えない完璧な投球。対阪神戦は昨季から5連勝となった。前田健は「ブルペンでは真っすぐが走ってなかったので、制球重視で投げた。丁寧に行ったのが良かった」とチームの連敗も3で止め、笑顔で話していた。

 [2012年4月24日22時32分]




中京・堂林、日本一の悔し涙/夏の甲子園

記事を印刷する

優勝を決めた中京大中京・堂林は、チームメートの祝福に涙を流す
優勝を決めた中京大中京・堂林は、チームメートの祝福に涙を流す

<全国高校野球選手権:中京大中京10−9日本文理>◇24日◇決勝

 中京大中京(愛知)が日本文理(新潟)を破り、43年ぶり7度目の優勝を飾った。エース兼4番のドラフト上位候補、堂林翔太投手(3年)が先制2ランを含む3安打4打点の活躍。6点差の9回に5点を返されたが、追い上げをかわして競り勝った。

 ライトから堂林は祈っていた。6回に1度降板しながら、志願して上がった最終回のマウンド。6点差から2点返され2死一、三塁で再びKO。2年の森本も打たれた。ついにリードは1点。なお一、三塁で強烈なライナーが三塁へ…。打球は三塁・河合のグラブに消えた。「打球は見えなかったけど、完治(河合)が捕ってくれて終わったんだなと…」と言うと、涙が止まらなくなった。優勝インタビューは帽子で顔を隠してすすり上げ、ナインに謝った。「本当に最後は苦しくて…情けなくて、ホントすみませんでした」。敗者のように泣き、謝罪する異例のヒーローだった。

 打たれはしたが、打った。1回、「勝手に体が反応した」と、高めの変化球を右中間に先制2ラン。2−2の6回2死満塁では、左前に弾丸ライナーの2点勝ち越し適時打を放った。伊藤を打ちあぐむ中、圧倒的な打撃を見せ、一挙6点の猛攻を呼んだ。

 あきらめかけた夏だった。8強入りした今春センバツ直後の4月。練習試合で右ひざ靱帯(じんたい)を損傷し、2カ月離脱した。家では不安からふさぎ込んだ。5月。異変を察した大藤監督が「思ってることを抱えず、全部出せ」ときつく諭した。ケガより先に、へこんだ心が治ると「いい子」だったエースは変わった。大藤監督が「我(が)が出てきた」と認めるように、捕手のサインには首を振り、後輩の指導にも熱を入れた。

 「エースで4番」を中心に、古豪が復活した。優勝を目指したセンバツ準々決勝では、報徳学園に9回あと1死のところで逆転されて負けた。それ以降、目先の1勝、1球にこだわった。終盤こそ乱れたが、大量リードでも犠打やスクイズを絡めて1点を取りにいった。「苦しくても勝てたことがチームの成長」と、エースは声を震わせた。

 ユニホームは伝統の立ち襟から、大きくデザインチェンジされた。夏の決勝は7戦7勝。夏の3連覇、春夏連覇も達成した古豪が新しい、栄光の1ページを刻んだ。「日本一を目指してずっとやってきた。優勝からも遠ざかっていたけど、何とか自分たちで歴史を塗り替えようと思っていた。良かったです」と喜んだ堂林は、打者としてプロを目指す。打って、打たれて、泣いた。最後に、堂林のための舞台が用意されていた。【八反誠】

 [2009年8月25日8時25分 紙面から]






































カープに思う。その6

カープに思う。その6


中日3連戦すべて負けた・・・。残念。

素人の、こんな作戦はどうでしょうかとばかり、書かせてもらうことに決意。


なにせ、素人の考えゆえ、お許しください。


カープが勝つと云う事をねがって・・・。


まず、試合が始まったら、3点を取ることを目標に、初回から、何でもかんでもやる。

3点を取ったら、ほぼ勝てる。

きっと、勝率は軽く5割を超えると思う。


盗塁を出来る人には、100%やってもらう。

盗塁の成功率が80%くらいはあるのではないかと思いますが・・・。

たとえ、50%になっても、

バントで1死をタダで与えるよりは良いのでは・・・。

ヒットでランナーを送れる確立は2割5分も無い。

こうしてみると、盗塁で進塁には大きな価値があるように思える。


ピッチャーに対するプレッシャーも格段に上がるに違いない。


1回の攻撃から、簡単に打たない。

まず、ピッチャーのリズムを崩す。

間合いを伸ばして、ピッチャーのリズムを狂わす。

そして、自分のリズムに持っていく。

つまり、良い意味で、紳士でいてはいけない。


とにかく、なにがなんでも3点を早く取る。

取りに行く。


チームプレーに徹する。

例えば、4番打者でも、バントもする。



等々・・・、

友人に話していたら、

友人曰く、

プロだから・・・、高校野球のようには出来ないだろう・・・。

初回から、バントやってたら・・・、プロじゃないみたいだし・・・、

やっぱり、プロは、豪快に打って点を取らないと面白くないのでは・・・、

と言われてしまった。


それもそうだ。

打たなければいけない。

打てれば、一番いい。


そう考えると、野球って難しいものだ。

素人には、勝って欲しいが一番に来るのだが・・・、

野球に詳しい人間になると、やはり、

プロにはプロのプレー、作戦、やり方を期待するらしい。


それも、そうだなと納得したり、

やはり、何が何でも勝って欲しいという気持ちも・・・、

消しがたい・・・。


そこで、

願わくば、先に、勝てる状態まで・・・、

というと、

そうやってると思うよ。

と、また、云われてしまった。


やはり、素人には、願うことしか、出来ないか。

では、カープがんばれ!




ありがとうございました。


















育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ