The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

哲学、思想

平和を守りたい。

おはようございます。

平和維持と豊かさ…

第二次世界大戦で、多くの犠牲の上に、武力で平和は守れないということを学んだはずです。

武力で平和を守ろうとする政治家は、また国民の多くの犠牲を出すだけです。

政治家の仕事は、知力を振り絞って平和外交に命をかけるべきです。

喧嘩も原因は小さくても、売り言葉に買い言葉になり、武力衝突、そして最後は悲惨な結果になるだけです。

そして、それでも、決して物事は武力では解決できません。

抑止力と言いますが、それは呼び水になる可能性の方が高くなることもあります。

筑波大学名誉教授の村上和雄さんが言われていますが、日本は軍需大国、経済大国を経験し、これからは文化大国にならなければならないと言われています。

私はその意見に大賛成です。

少しうがった見方をしますと…

自民党は金持ちのための政治をやっている様にもみえます。

1億総中流の昭和を捨て、規制緩和により貧富の差を拡大してきました。

日本をまるでアメリカにしていくようにもみえます。

たぶん、戦争に行くのは貧乏人だけです。

純情な貧乏人は大きな力や、お金持ちの力には勝てません。ましてやお国の為と言われれば命を捧げるわけです。

今、日本もお金もちだけが幸せな国になっていっているようにもみえます。

貧富の差、不平等感は争いの原因につながります。

日本はアメリカの後追いでいいのでしょうか?

今、考えなければならない時に来ています。もう、お任せはいけません。どんな日本の国になるべきか考える時に来ていると思います。

日本は、戦後、今まで、世界に平和国家の在り方を発信する道を歩んできたはずです。

ところが、大きな曲がり角にきているように見えます。

民主主義の国であり、その政権といっても、その実態は、近頃では、安部首相の独裁の様にも感じます。

今では、政党政治も談合政治のようにさえみえます。地方を代表して民意を反映しているのではなかったか…とはとても思えません。

トップダウンの封建政治に近いのではないでしょうか…。

抑止力について例え話をしましょう。

アメリカのように自己防衛だと言って、拳銃が解禁されたとしましょう。あなたは拳銃を所持しますかしませんかということだと思います。

私は決して持ちません。私はアメリカ生活9年弱ありますが、拳銃所持を友人に勧められましたが、所持した事は1度もありません。

理由はただ1つです。自己防衛にもなりますが呼び水にもなるからです。

拳銃を持てば、何か悪いことがやってきそうな気がしませんか?

ガンジーの考えが正しいと思います。

平和は、全ての武器を勇気を持って捨てる所から始まります。

攻められたどうするのか?そう考えた時から、戦争は始まります。

民主主義は江戸時代には許されていた敵討ちも許されない思想の上に成り立っています。

つまり、全てのことは、何があっても、武力では解決は出来ません。知力で、話し合いで解決、解決しなければなりません。

自分に家族が武力の場に派遣される前提で考えれば、NOと言えると思います。

7/19/2015 Sun

毛は生えないが髪は増える

毛は生えないが髪は増える


毛は生えない.…この認識が大事だと思う

毛が生えるのは、生える時期が来た時だけ…

DNA、遺伝子に書かれた情報に従うだけ…らしい

これを覆すことは出来ない

もし出来れば、如何なる病気も直せるし

若返りも自由自在ということになる…


早く抜けることは書かれていなくて

早い抜け毛は環境悪化によるものと

私は勝手に思い込んでいますが…


この思いの上に立って書いていますので

悪しからず、予めご了承ください


私も、ついに来たなと思わされた時期がありました

シャンプーの度に、指にまとわりつく程の抜毛でした

自覚症状としては、頭皮が透けて丸見え

髪は細く、腰もない…


これを改善するには…

毛が抜けなければいい…

これだけです


人間は髪をカットしますから

感覚的に捉えるのは難しいのだと思いますが

樹木と同じく、若いと細く

年が経てば太くなる


つまり、細毛の悩みは

毛が短命だということとイクオールになる

若い時は太かった…ということは

若い時は、毛が5年も7年も生え続けていた

寿命を全うしていたということに他ならない


では、何故抜けるか?

抜けなければ本当に髪は増えるのか?


抜ける理由は、専門家によって

その理由が多く上げられていますが

個人的には

少々、懐疑的にならざるを得ない


男性ホルモン説にしても

若い時から存在するし

ひょっとすると、若い時の方が多いかもしれない


遺伝の説は

どうも遺伝子には書かれていないのでは…

と勝手に想像していますが…


ただ、髪の毛の環境…

骨格であったり

血管の状況だったり

肌の状況…脂性だったり、乾燥肌だったり

は似てくるだと思います…


私は加齢による環境悪化が一番の理由だと

思っていますが…

加齢により毛の生育環境が悪化する


それが、若くして悪化するのか

中年で悪化するのか

老年で悪化するのか

全く悪化しないのか…

これが、遺伝する体質ではないのだろうかと

想像はしていますが…


つまり、髪の毛にとって

マイナスの要因が早く出てくる頭皮の環境があれば

なお早く、より手当が必要となる…

ということだと思います


例えば、植物もお同じで

放っておいても草ぼうぼうになる土地と

丹念に世話が必要な土地と

がありますし…


歯にしても

虫歯になりやすい人と

なりにくい人があるように…


しかし、環境が悪くても

手入れ次第では植物も育ちますし

体質が虫歯日になりやすくても

手入れを頑張れば、防ぐこともできます…


大事な事は

環境、体質が良くなければ良くない程

手入れが必要ということだと思います


髪の毛の場合

一番の抜け毛の理由は

血行だと思っています

頭皮は

身体中で一番、血が届けられにくい

ところだと思います。


頭皮には、骨の上にはすぐに皮膚

つまり、筋肉がありません

筋肉があれば

筋肉が動き、血が動くわけですが…


頭皮は薄く硬い…

頭皮の血管は末端…

頭皮は心臓から遠く、一番高い


等々の良いとは言えない状況が重なり

血液が行き易いとは言えそうもありません


それに加齢で

状況は良い方に進むとは

決して思えませんし

体質によれば、それが早くなる…

ということではないかと想像していますが…


逆に言えば

考えてみれば

これだけのことではないかとも思います。


もしかして

頭皮の血行を良くしてやれば

抜け毛は、かなり、防げるのではないか…

が私の思いです


血行改善が頭皮環境

髪の毛の育成に最も重要だという

位置づけをしています


そのためにどうするか、何をするか

何をしたのか

私の体験がご参考になればと思い

書いていますが

医学的、専門的根拠はなにもありません

個人の体験談、思いということを

予めご了解下さい


マッサージについて

シャンプーについて

逃避環境改善、血行改善について


私なりにこれから書いて見たいと思います



ありがとうございます。

























 

毛は生えないが髪は増える

毛は生えないが髪は増える


宣伝で、毛が生えるという発毛剤を耳にする

正しくは髪が増えるということにしかならない


髪の毛も遺伝子に組み込まれた情報によって

毛のサイクルが決まっているらしい

多くの場合5〜7年ということらしい 


もし、生え始めた毛が1年で 抜けた時

発毛剤を浴びるほど振りかければ

2〜3ヶ月後に毛は再び芽生えてくるのか?

答えはNOらしい

DNAに書き込まれた情報に従って

次の発芽期にしか生えて来ない


5年のサイクルで動いている毛だと

4年先にしか生えて来ないことになる


5年のサイクルの髪の毛が

単純計算上では

1年で抜けると

髪の毛の量は1/5となる


2年半で抜けると

髪の毛の量は1/2の計算になる


つまり、抜けた毛をすぐに生やすことは

出来ないが

1/5になった髪の量を増やすことは

出来そうだ


つまり、抜けさせなければ

髪はふえる


若い時は、5年のサイクルの網の毛は

5年のサイクルを全うしたに違いない

だから、髪の量はフサフサと

保たれていたに違いない


遺伝子DNAに書き込まれた情報を

覆して、毛を発芽させることは

無理としても

遺伝子DNAに書かれた


その髪の毛の寿命を全うさせる事は出来そうだ

勿論、100%は無理としても10%でも20%でも…


ではどうやって

髪の毛の

短くなった寿命を回復させるか…


答えは5つ

一つは血行

毛を作る材料が届かなければということです

二つ目は頭皮環境を整える

要はシャンプーです

三つ目は毛根を元気にするということです

これが主な三大要素です


次に生活習慣です

血行を阻害すること、物を止める

例えば

ストレスとかタバコとか寝不足とか…


更に食事です

栄養のある物を食べることです

身体は生命維持に優先順位があるようで

髪は最後になるようです

病気になれば

髪の毛が荒れてきて

次に、肌が荒れてきて…

となるようです


食べた栄養は生命維持の方につぎ込まれ

髪の毛の方までは回らないようです


最後の髪の毛までに栄養が届くように

食事に気を使うことが大事です


元気で健康な人は髪が綺麗です

逆も言えそうです

髪が綺麗で健康な人は身体も健康と言えそうです





続きます


ありがとうございます。












 

やはり安倍首相は…

やはり、安倍首相は…平和主義者とは思えない…。


多くの犠牲が有り、戦争は終わった

 物凄く多くの命が奪われて尊い平和がやってきた

結果的には、戦って得た平和ではなく

武力を捨てて、戦うことを捨てて

屈辱的ではあっても

皮肉にも平和が来た


これを忘れてはいけない

武力で戦って得た平和ではないことを

歴史が教えてくれている


それから、日本は平和の道をまっすぐに来た

戦うことを放棄してきた

世界で羨まれるほどの平和な豊かな国となった


これを、この歴史を決して忘れてはならない


仮想敵国がいて

攻めてきたらどうするのだと

国民を恐怖に募らせる


少し前までは仮想敵国がなぞ有りはしなかった

このままで行けば

仮想敵国も

本物の敵国も現れる情勢にもなってきた 


本来、政治家は軍人ではない

文官であるはずが、

武力を高めようとする姿勢には 疑問を抱く


軍人、武官が戦力を高めようとし

文官はそれを諌めたりする側ではないのだろうか


文官の仕事は武力をではなくて知力ではないのだろうか

平和を武力で守ろうとするのは軍人であって

文官である政治家は 知力では平和を守る

のが仕事で有り

本来の姿ではないだろうか


たとえ、明日にでも武力衝突

戦争勃発という事態が起きたとしても

知力を絞り出して

平和外交で平和に導くというのが

知力の人、文官である

政治家の仕事ではないのだろうか


安倍首相はまるで武官

軍人にみえる


喧嘩でも言葉一つで

殺人事件にまでなることもある

戦争も同じではないかと思う

言葉の使い方一つで

人間は理解し合えたり

逆上したりもする


日本の進んでる道は

世界に誇れる平和国家

世界の手本となる平和国家の道ではなかったか


相手が武器を持ったから

自分も武器を持つ

これで

世界に誇れる、手本にしていただける

平和国家と認めてもらえるのだろうか


今の日本の現状、方向性を危惧して止まない

戦争で亡くなった何十万という方々は

なんと思っているだろうか


誰かの言葉に

平和は武力では得られない…

という言葉が

心に響いてならない…。



ありがとうございます。










 

写真に魅せられて

写真に魅せられて


iPhoneが発売されて以来

私は、いつの間にか写真を撮るようになった

その入れ込み様は自分でも驚くほどになりました

Facebookの中身は写真だらけ

一度、遊びに来られませんか

ここです


https://ja-jp.facebook.com/takashi.sato.100

ですが…

表示の一番をクリックしていただけると行けます…


ご覧の通り写真ばかりです

主に、花と朝日と夕日です

写真のおかげで自然の美しさに

目が向けられるようになりました


今まで、仕事人間で…

自然の美しさにほとんど気がつかず

人生の大半を過ごしてきました


今、写真を撮る、通して、やっと、

自然と細かく、大雑把でなく

向き合える自分を発見したという気分です


自然と向き合い、対話ができるようになると

人生の価値観は大きく変わりました


一番は何が大切なのか

という部分ではないかと思います


大切なものは沢山ありますが

その中に自然の美しさが加わると

人生が変わった思いがします


都会に良さに慣れ切っていた自分がいて

いつの間にか、殺伐とした空気を当たり前と思い

未来都市は殺伐だらけ…の美しさ

なのではないかとも気づかされた


花を眺め

花と出会い

夕日を眺め

また、朝日を眺め


たったこれだけが…

いかに大事だったことか…


多くの現代人は

美しい朝日を眺める時間もない

夕日が沈む頃、まだビルディングの中にいたり

ビルディングの谷間にいたり…


花が美しく咲いていても

目もくれずに、とおり過ぎなければならない


そんな日々を暮らしていると

それが当たり前になる


心の豊かさ、優しさ…

それは、自然からの贈り物


お金では買えない贈り物

やっと、自然に心から感謝できるようになりました


もうすぐ64歳…

遅かったかな…

と思う。



ありがとうございます。











 





育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ