カープ対日ハム第一回戦


カープファンにとって落胆させられる一戦となった

カープの先発はマエケン

8回を終わって 4対2


9回をマエケンが投げれば

投げれば、完投勝利

と信じていたところに

ピッチャー交代の指示


多くのカープファンは一気に心配の心に

覆われたに違いない


なぜ、完投させないのか

これで、何回マエケンの勝利を無にしたか

カープの勝利を何回敗戦にしたか


普通、抑えのエースが出てくると

これで、終わりと思う


しかし、マエケンから誰につないでも

相手はラッキーと思うに違いない


流れからして、誰もが気持ち良い勝利に浸っていたに違いない


そこへ、セオリーに従ってか

抑えに絶大の信頼を於いてか

監督の決断はピッチャー交代


そして、結果はカープファンにとって最悪の結末に

最悪とは・・・

感情的に、納得できないから・・・


投球数ととく言われるが

9回の1イニングを余分に投げる疲労と

8回を投げ、勝利投手になれるはずが

あと1イニングというところで

その美酒が飛んでいってしまう


9回完投の疲れと

勝利投手を剥奪された疲れとは

どちらが大きいのだろう


監督の決断は大きな影響を及ぼす


リーグ戦後半になると

1勝を争う日々になる


勝ちゲームを落とす

こんな感覚がファンの多くの胸に去来したに違いない


マエケンが投げているとき

勝ちゲームは

彼はエースだから

彼以上のピッチャーはいない

完投をさせてあげて、勝利をプレゼントしてあげて欲しい


と感じた試合でした・・・


残念・・・





ありがとうございます。