理不尽なこと

・・・・

理不尽なことが時として起きる


理不尽なことはなぜか・・・起きる



何故?


わからない・・・

だから、理不尽だと感じる


考えてみると

強者には起きない


弱者に起こる・・・


弱者・・・?


上司と部下

金持ちと貧乏人

買い手と売り手

大企業と小企業

怒りっぽい人とおとなしい人

年上と年下

男と女

エリートと凡人


どうでしょうか・・・

権力、武力、知力を持つと振り回す

これが人間といえば人間の本能・・・


これが生存競争を生き抜いてきた原動力・・・

人間が頂点に立てたパワーの源・・・


そんな、生存競争の争いは

20世紀で終わりにしようと日本人は思った

と思いますが・・・


21世紀になると成熟の時代

つまり、ゆとりの中で

ゆったりと、人間らしく生きていける

そんな社会になるはずでは・・・

なかったのか・・・


現実は、ますます競争は激化し

ヒートアップ


格差社会は大きくなるばかり

貧富の差は広がるばかり

こんな世の中を望んでいたのだろうか・・・


60歳まで必死で働いて

老後はゆったりとした生活

これが夢だった・・・


それが、夢のまた夢とかした


理不尽なこと

人生、理不尽なことばかりかもしれない

それは未来永劫に続くかもしれない・・・


足るを知る・・・

人間の欲は、足るを知らない


自然界の生物は足るを知っているらしい

その証拠は

菌による病気以外、不足による病気以外、環境による病気以外

には病気にならないらしい


足りすぎて病気になるのは人間だけのようです


理不尽なこと

人間の英知でこの世から無くなって!

と祈りたいと思います。