おはようございます


例えば、人情・・・

イメージ的には、あたたかいという感覚がよく似合う・・・


お金はなくても、モノは持っていなくても

頑張ろうと思えた・・・


町には、小さな商店街があちらこちらに有り

小さなお店が軒を並べていた・・・


みんなが、明るく希望の中に生きているように見えた・・・ 

みんなが、日々楽しく生きているように思えた・・・

みんなが、平和に喜びを噛み締めているように思えた・・・


これが、未来永劫続いてくれると思えた・・・

大きな、戦争、第二次世界大戦を経験し

もう二度と、あんな戦争は起きないと信じられた・・・


人間の憎しみも、いがみ合いも

もう二度と、大きくはならない・・・

そんな平和な社会を満喫していた・・・


戦争の20世紀が終わり

21世紀は成熟の世紀と期待された ・・・


人間の英知が全てを克服し

このまま、幸せな社会が続き

これぞ、ユートピアといわれるほどの幸せな世紀を

継続、成熟出来るのではと期待があった・・・



恥ずかしい、そんなことを言うものではない・・・

という言葉でよくたしなめられた・・・

きっと、お金より、大事なものが

誰もの心の中にあったと思います。


しかし、この言葉は、最近、あまり、聞かなくなった・・・


お金が一番大事になってしまったのか・・・

人情みたいな・・・

あたたかい心みたいなものが・・・

かつてのようには通用しなくなった・・・


人情・・・

この言葉、人間の幸せと大きな関係があるように思います


昭和の時代にあちらこちらどこにもあった人情・・・


時代が変わろうと

何が変わろうと

体験者の一人として

持ち続けたいと思います。