広島県呉市蒲刈のドライブ。


5月5日、ゆっくりと起きた。

かねてから思っていた蒲刈へのドライブにいくことになった。

自宅からは、20分もすれば、島の入口に着く。

仕事でも、毎週、その入口を通過する。

しかし、その島の入口である橋を渡った事は一度も無かった。

蒲刈地図Aグーグル地図より

蒲刈は、広島市からも遠くは無いが、呉市から見れば、広島へ行くよりも近い。

そんな、近くの島々に、今まで一度も行ったことが無いというのは変な話だ。


理由は、つまらない理由が幾つかある。

仕事人間だった。

というのが、やはり、大きい。

人生を、仕事の為に生きてきたといっても間違いではない。

仕事での用事がそこには、全く無かった。


頭の中も、変だった。

街志向の頭だった。

街がいい。・・・、だった。


地図をまじまじと見てみると、瀬戸内海は面白い。

そんな、ことに、今更ながら、楽しみを覚えてしまった。

とにかく、島が多い。

大も小も多い。


本来、何も無い、海に、美しい景観を作り出している。

小が大の陰になり、回ってみれば、違う景色が待っている。

大の前に、小があり、海にアクセントとなる。

横に並んでいたり、縦に並んでいたり・・・。

広いところ、狭いところ・・・、

でこぼこだったり・・・、

楽しく、はちゃめちゃだ。

そして、

見る角度で、百面相となる・・・。

蒲刈地図Bグーグル地図より


思いが募って、遂に出かけた。

橋が続いていれば、果てまで行こう。

初めての橋は、でかい。

蒲刈地図I安芸灘大橋グーグル地図より

05052012蒲刈海B



安芸灘大橋という。

05052012蒲刈海C


渡り終えると、料金所があった。

普通車¥700なり。

蒲刈地図Cグーグル地図より



その島は、下蒲刈島。

島の道路を、左に折れた。

つまり、時計の逆回り。

つまり、総ての島の南側を行きに走り、

帰りに、島の総ての北側を走ることにした。

そこで、出会ったのが、これ。

蒲刈地図K蒲刈大橋B

きれい・・・。

新鮮、清潔感・・・、素朴だけれど。

買い求める事に決定。

はっさくと、きっといよかん。


花がきれい。

蒲刈地図K蒲刈大橋C

見とれて・・・。

いたら、主のおばあちゃんが出てこられた。

「写真、撮らせてもらってもいいですか?」

「好きなだけ撮っていきんさい。」

計50枚くらいは撮っただろうか。

このFACEBOOKのページに載せました。

http://www.facebook.com/#!/media/set/?set=a.298852123530444.70652.100002169750912&type=1



花がきれい。

その美しさの中に、やっぱり、元気がある。

いきいき!としている。

春のまばゆいばかりの陽の中で、エネルギーを放っていた・・・。

鴬が鳴いていた。元気に、なんども。

ここでは、それが日常なのだろう・・・。


05052012蒲刈海E


幾種類もの、花を頂いた・・・。

「こりゃ、土に埋めときゃ、育つけぇねぇ。」、といわれた。

「殺さんようにせんにゃ。」、と思った。

すかさず、「枯れたら、また、取りにきんさいや。なんぼでもあるうんじゃけぇ。」

ありがたいが・・・、そうは云われてもだ、枯らしたくは無い。


もう既に、瀬戸内海の、美しさの中に、包まれている・・・。

05052012蒲刈海D

05052012蒲刈海F  05052012蒲刈海G05052012蒲刈海H

この辺りか、島々で、釣りを楽しんでいる人々も見た。

海岸に降りて、海草か、貝か・・・、

海との戯れか、

いい時間に感じられた・・・。




その中を走りながら、蒲刈大橋に着いた。

蒲刈地図K蒲刈大橋グーグル地図より

05052012蒲刈海L



どの橋もそうだが、橋からの眺めはすばらしい。

360度、海と島の、パノラマが見える。


であいの館に着いた。

05052012蒲刈海M


蒲刈大橋を渡ると、その袂にあった。

そこからの眺めは、瀬戸内海の最高の顔を見せてくれた。

眺めの中の、島々のマップがあります。


05052012蒲刈海K

05052012蒲刈海J



五月の風景は、さらに、花に囲まれていました。

蒲刈地図Lであいの館B


トイレ休憩もここで・・・。

終えて、出ようとした、その、目にも、同じ、すばらしい眺めが飛び込んできた。

05052012蒲刈海I


ここからの眺めは、絶品だった。

少々休憩のつもりが、昼食を食べ、

外に出て、串刺しの大きな焼き鳥を食べ、

オニオンリングをたべた・・・。


目も心も、胃袋もいっぱいになってしまった・・・。


再び、車でのんびりドライブ・・・。がつづく。

風景は、いつまでも、やさしさの瀬戸内海。


県民の浜についた。

蒲刈地図Dグーグル地図より

まだ早い、ビーチだが・・・、今日は暑いほどの感覚も、だった・・・。


05052012蒲刈海N

やさしそうな砂と、

澄んだ、美しすぎる水。

波おだやかで、平和そのもの・・・。


次に目に飛び込んで来たもの・・・、

大長みかんに違いないのだろうと思う・・・。

05052012蒲刈花S

その先に、

恵みの丘レストランがあった。


05052012蒲刈海P

http://akinada4island.blog86.fc2.com/blog-entry-6.html



うつくしい建物と空間に誘われて、

しばし、見学。


あいにく、昼食時間の営業は終わっていた・・・。

しかし、中に入れていただいた。


ここで、飲んだハーブ茶がおいしかった。

あっさり、すっきり、さらりと喉を通過する。

何種類かのブレンドで、幾つかの種類があった。


喘息にいいよ、と云うものを買い求めて、

おいしい、薬を頂く、得をした気分もまぜこぜにして、

いい気分になられた・・・。

不覚にも写真がない・・・。




05052012蒲刈海Q

きっと、この近くに違いないが・・・、

絶景の景色で、頭が、少々混乱気味に・・・。


05052012蒲刈花M05052012蒲刈花N05052012蒲刈花O05052012蒲刈花P05052012蒲刈花Q05052012蒲刈花R


ここでも、多くの花達にであった。


沖に浮かぶ、尾久比島と云うのが見えてくる。

これも瀬戸内海のゆたかな表情のひとつだなぁと感じさせられる。

蒲刈地図O尾久比島グーグル地図より

05052012蒲刈海MM


いよいよ、豊島大橋を渡る。


蒲刈地図N豊島大橋グーグル地図より


http://www.teshima-web.jp/

http://www.kurenavi.jp/html/toyohama_top.html


05052012蒲刈海R

この橋は、すばらしかった。

トンネルを抜けると、豊島大橋が迎えてくれた。

一気に、海のはるか上を飛ぶ気分になる。

05052012蒲刈海T

空も海も青。

心も、青になった。


05052012蒲刈海S

豊島はかわいい、ちいさな島だった。


豊浜大橋を渡って、大崎下島へ入る。

蒲刈地図P豊浜大橋グーグル地図より


05052012蒲刈海U

大崎下島に渡る豊浜大橋が見えてきた。

05052012蒲刈海V

ここら辺りから、のんびりとはいかなくなって来た・・・。

もう何処にも寄れない。

ただ、『安芸灘とびしま海道』は完走したかった・・・。

05052012蒲刈海W

きっとこの島の間に、橋が隠れているのだと思う・・・。

05052012蒲刈海X

美しい景色は、続きすぎる・・・くらいだ。


05052012蒲刈海Y


大崎下島もあっという間に駆け抜け、岡村島へと向かう。

間に、小さな島が2つ、飛び石のようにある。

蒲刈地図E

最初の橋が、平羅橋と云う。

小さな、変則に見えるが、かわいいい斜張橋だ。


蒲刈地図Q平羅橋グーグル地図より

その次が、白いアーチ型の橋、中田瀬戸大橋。


蒲刈地図R中田瀬戸グーグル地図より

最後が、岡村大橋。

この橋は、中田瀬戸大橋と双子に見える。

蒲刈地図S岡村大橋グーグル地図より

この橋を渡ると何と、愛媛県になった。

知らなかった・・・。

蒲刈地図T岡村島Aグーグル地図より

岡村町になるのだと思う。

きっと、愛媛県今治市岡村町なのだと思う。

蒲刈地図U岡村島Bグーグル地図より

当たり前だが、不思議な感覚で、行き違う愛媛ナンバーの車を確認する・・・。

この辺りから、もうだめだ。

先に進めないと思うほど、道が狭くなってきた。


気持ちの上では、岡村島を  一周したかったが・・・。

断念。

岡村港までは行った。

そこで、今回の旅をUターンすることになった。

公衆トイレがあった。

助かった。

この旅、コンビニは皆無でした。

トイレは、レストランのみだったが。

ここのトイレ、ぼっちゃんでした。

しかし、綺麗にそうじされていました。

感謝です。


この先が、見たくて、 を探してみればありました。



見て、断念して良かったと思った。感謝です。



将来、次の島まで橋が架かるらしいので、

その時、また、おじゃまさせてもらうことにしよう。



帰りは、寄り道なし。

しかし、誘惑に負けては、撮影ストップ。

困ったものだ。

05052012蒲刈海Z

思い出しきれないほどの、写真を撮ってどうする。

と、われながら思う。

05052012蒲刈海ZA

しかし、刻々と変わる瀬戸内海の魅力は尽きない。


05052012蒲刈海ZB

日も傾いてきた。

05052012蒲刈海ZC

しかし、5月の日はながい。

ありがたい。

05052012蒲刈海ZE

反対側から見た蒲刈大橋も魅力的に見える。


さらに、逆行に照らし出された安芸灘大橋の

景観は、一段と、輝いて見えた。

05052012蒲刈海ZD



急ぎ足の旅をしてしまった。

いつもだが、あそこも、ここも、飛ばしてしまった。


行き当たりばったりの、半日旅行だった。


蒲刈、近くて、魅力一杯の島々だった。。

また、時間が出来たら、尋ねてみたい・・・。



ありがとうございました。


きっと、これ、長すぎですね。


ここまで、お付き合いしていただいた方が居られましたら、

感謝申し上げます。ありがとうございました。





ありがとうございました。