カープに思う。その8


阪神戦、最悪の負け方で負けた・・・。

これは、カープ球史に残る負け方だと思う。

投手、最高のがんばり。

最高の出来。


すべての問題は、攻撃と守備にあった。

さよなら負け・・・。

原因は、エラー。


1対0のスコアー。


攻撃は、

タイムリーヒット、ゼロ。

犠打、失敗。

盗塁はあっても、攻撃的なものはゼロ。

つまり、キャッチャーも投球しない場面だけだった・・。


肝心なときの三振。


これだけ、封じ込めれられる試合も無いと思う・・・。


ともかく、ツキまでもなかった・・・。

4番打者の故障で登録抹消・・・。

神様、ここまでの試練をカープに頂くとは・・・。



こんな試合は、選手にとって、最もくやしい試合ではないだろうか。

くやしくてくやしく・・・、

だと思う。


この敗戦、1敗はタダの1敗ではない。

10敗にも相当するかもしれない。

10勝にも相当するかもしれない。


この敗戦のくやしさがバネになれば、

必ず、10勝に値する1敗だと思う。


きっと、これからのカープの頑張りは、10勝に値する1敗になると信じている。

神様も、味方してくれるに違いない。

その証拠に、リーグははじまったばかり。

最悪の試練を、いまから、役立てるように、与えていただいただけに違いない。


ショックを乗り越えて、さらにレベルの上がった、カープを期待されての試練だと思う。

カープは、さらに強くなる。


さらに強くなると思う。




ありがとうございました。











こんな試合は、物凄いエネルギーになると思う。

物凄いエネルギーが沸いてくると思う。


投手の最高のエネルギーに、かみ合う攻撃になると思う。