温暖化。


この言葉を聞いて、誰もが、信じられない程の寒さが、この冬、日本列島を覆った。


しかし、反対に、

ニュースによれば、人工的な温暖化は、歴史上類を見ないほどの速度で進行しているとあった。


素人の自分にとっては、

素朴な疑問は、こんなに寒いのに温暖化?それホントですか?

だと思う。


今年の冬は、地球は、冷める方向に、氷河期の方向に向かっていると云う話も聞こえてくる。


なにが、どれが、本当ですか?

と、素人の頭の中は混乱をする。



きっと、すべてが正しいのだとしたら・・・、

いや、

きっと、すべてが正しい説に違いない・・・。


地球が冷めていく氷河説と、

地球が温められていく、温暖化のせめぎあいになっているのに違いない。

と、素人の直感は結論に達してしまった・・・。


せめぎあい・・・。

だから、大荒れの天気になるのかもしれない。

いつものような、おだやかな天気ではない。

大雨、ドカ雪、竜巻、大風・・・。

変化が、変化も、それは急激で、激しい。


温暖化の根拠は、両極の氷の減少があると思う。

今年は、日本では、寒い冬があっても、地球のどこかは、温かい冬があったのかもしれない。

トータルして、地球は、あったまっていると云うのだろうと思う。


たかが、人間の営みなどは、自然の営みからすれば、微々たる物。

大自然の中にある地球をちっぽけな人間が暖めるなんて出るわけは無い。

と、思ったりもするが・・・。


実は、逆に、

そうではないとも思う。

例えば、人間の命だってそうだ。

健康そうで、絶対に死にそうにない頑強、健康そのものに見える人でも、

ひとたび、目に見えないほどの細菌にでも犯されると、急変してしまう。

あっという間に、死線をさまようことになりかねない。


こんなことを考えれば、

人間の日常のアクティビティなど、

地球から見れば、ほんの些細なことなのだろうと思うが・・・、

その、活動が、悪行ならば、細菌の如く、地球をいとも簡単に、病気に陥れてしまうかもしれない。


人間の体も、一つが悪くなれば、悪い連鎖が起き、病気になり、死を招くことになる。

地球も、たかだか、空中の二酸化炭素の量がわずかに増える。

たかだか、オゾン層がわずか破壊される。

そんな、僅かな事だ。


昔、エコノミストは、株は、エスカレータに乗って、ヨーヨーをしているものだと言っていた。

日々の上下はあっても、10年のスパンで見れば、確実に上がると言っていた。

しかし、現状は、これは、正しくない、経済活動には落ちってしまっているとは思うが・・・。


これに似て、地球温暖化は、エスカレータに乗ったヨーヨーになっているのかもしれないと思う。

氷河期への力と、温暖化の力で、一年、一年の気候は上下に、

ヨーヨーの如く動くのだと思う。


しかし、悪は勝つ。

地球の温度のエスカレータは下りでは無くて、上りのように感じる。


地球を病気にさせないためにどうすればよいのか。

人間も地球も同じなのかもしれない。


それは、

節制。

これしか無いのかもしれない。

病気から人体を守るのは、薬ではなくて、腹八分。

悪くなったら、直せば良い、と昔は思っていたと思う。

この考え、この思想こそ、大きな間違いだとわかってきた。

それは、自分の体が蝕まれる年齢になって始めて気付くことかも知れない。

蝕まれて初めて気が付くほど、人間は傲慢なのかもしれないと、反省を込めて思う。


取り返しがつかない。

特効薬は無い。

それが、人体であり、

地球だと思う。


それは、人間の欲との戦いであり、

欲に勝たなければ、成し得ないことであることも解る。

つまり、特効薬は、

節制しかない・・・。

と、感じる今日この頃です。



ありがとうございます。