広島カキ。


ハワイから知人がやってくる。

わずか半日だが、訪問される。

話題は一番が、食べ物になった。

知人曰く、広島は今はカキでしょうと、特に今は旬でしょうとよくよくご存知で、かなり楽しみにされた。


実は、カキは、どちらかといえば、10年位前までは苦手の方だった。

端的に貝類の大きいものは苦手の部類だった。


美味しいところありますかと聞かれたとき、知人に聞きまくろうと思っていたら、

思いは通じると云うか、下記のカキの記事に出合った。


これぞ、THE OYSTER と思ってもらえる自信が沸いてきた。

素朴な広島の自然も感じてもらえるかもしれない。

瀬戸内海の香りも味も感じていただけるかもしれない。


こんなカキ音痴な者に、神からの最高のお助け船に違いない。

きっとこれを期に、大好物になるかもしれない。


いや、ハワイへの一番のお土産話になるかもしれない。

きっと、なる。



ありがとうございます。










広島・草津漁港に生産者直営の「カキ小屋」−カキむすび、串も人気に /広島

 広島・商工センター内の草津漁港に1月14日、県内で初めて生産者が直営する「カキ小屋」(広島市西区草津漁港1、TEL 082-277-9321)がオープンした。(広島経済新聞)

【画像】 人気のカキむすびとカキ串

 接客や販売など、全てが初めての試みに挑戦するのは、草津かき小屋組合。所属する12社のうち、8社が経営に参画する。店舗は組合が資材置き場として利用していた公安用地に建設。店内には、1卓4人掛けのテーブルを中心に並べ、52人〜60人が着席できる。

 提供するのは、生産したほとんどを東京・築地に出荷しているという「草津カキ」。8社が生産したカキを日替りで用意する。メニューは、10個前後をバケツに入れた殻付きカキ(1,500円)やイカ、ホッケ、草津の練り製品とコラボした「カキ蒲(かま)」(以上、一皿300円)など

 「殻付きカキに次いで人気」というのは、カキだけを入れて握ったむすびと味付けしたカキを串で提供する「カキ串」(以上300円)。「持ち帰り用に購入される方も多い」とスタッフの女性。「オリジナルの味付けも自慢」と笑顔を見せる。

 生産者が直接、消費者の意見を聞くことができる同所。「自分が作っているカキの意見が聞けることは、大きなよろこび」と組合長の網岡さん。生産者が店に足を運んで直接、客とコミュニケーションを取ることもある。

 オープン翌日の15日には、1400個を販売。待ち時間は約1時間に上ったという。来店が集中する土日に備え、席数の増設も検討。「今年は試行錯誤の繰り返しだが、来年につなげていきたい」。

 瀬戸内らしい雰囲気の中で、県内産のカキを手軽に食べることができる場所をつなげた「オイスターロード」は宇品や呉、広島三越の屋上などに、10月下旬から店舗をオープン。今回で8店舗目となる。

 営業時間は11時〜19時。駐車場30台。









広島・宇品地区に「浜値」で販売する「カキ小屋」−「オイスターロード」として展開

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

広島・宇品地区に「浜値」で販売する「カキ小屋」−「オイスターロード」として展開

http://hiroshima.keizai.biz/mapnews/977/




広島三越に「カキ小屋」オイスターガーデン−冬場の屋上を活用

 11月に広島・宇品や呉で営業を開始したカキ小屋が12月1日、「オイスターガーデン」として広島三越(広島市中区胡町、TEL 082-242-3111)屋上にオープンする。

 全国一の生産量を誇る広島県産のカキ料理を提供する同所は、冬場に利用がない百貨店の屋上を活用して開く期間限定店。繁華街の中心という立地から、忘年会や新年会シーズンを中心に、県内でのカキ消費量の促進を目指す。運営は、「暖厨」「エルミタージュ」などの飲食店経営やコンサルティングを手掛けるエンタープライズ(袋町)。

 メニューはランチとディナーで異なる。ランチでは、オイスターランチプレート(1,500円)、カキフライランチ(1,300円)を用意。飲み放題となるフリードリンク(1,000円)を準備するディナーでは、殻付きのカキ6個とカキ料理8種類、居酒屋メニュー15種類が食べ放題となるオイスターバイキング(大人=2,500円)を提供する。

 屋外での飲食のため、風雪を防ぐ風除けの設営も予定。席数は300席。熱かんやお湯割りの焼酎、ホットウーロン茶など、温かいドリンクもそろえる。利用客には、20代前半からのビアガーデン利用客や年末年始に帰省する県外在住者を想定。ホテルにチラシを置き観光客へもPRする。

 オースターガーデンは、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す、「海の道構想」の認定事業として取り組む。事業は昨年10月、広島県が実証事業として運用を開始。宇品や三原、呉で「オイスターロード」として展開している。運営はひろしまO.Rシステム(三川町)。

 営業時間は、ランチ=11時〜15時、ディナー=17時〜22時。2012年4月8日まで。

広島三越に「カキ小屋」オイスターガーデン−冬場の屋上を活用





広島の「焼きガキ小屋」がビアガーデン−マツダスタジアム近くに新業態店

 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島近くに7月1日、屋外バーベキューやビアガーデンが楽しめる「ふるさとダイニング」(広島市南区西蟹屋町3、TEL 082-258-2720)がオープンした。

 広島市土地開発公社が管理する約11.6ヘクタールの貨物ヤード内に開いた同店。運営は、広島カキを「浜値」で販売する焼きガキ小屋「ひろしまオイスターロード」として昨年、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目的に実証事業として運用を開始した広島県の「瀬戸内 海の道構想」が行う。

 夏場はビアガーデン、カキがシーズンを迎える10月から3月までは「焼きカキ小屋」に営業形態を切り替える。JRの沿線に立地する同所は、「電車から見える」と「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。情報発信できる場として、広島カキを県外に発信する狙いもあるという。客席は400席。屋外にテントを組んで設営する。

 敷地内に設けた売店では、地域振興を兼ねて県北や他県の市町村の情報発信を行うブースを設置。加工食品など特産品を取り扱う。このほか、店内ではサザエ(300円〜)、フグの一夜干し(250円)など海鮮や食べ放題とは別に牛や豚、鶏などの肉を販売。野球観戦後に立ち寄る短時間利用の客向けにバーベキュー用の肉は量り売り(100グラム250円)も行う。

 カウンターでは、約20種類の惣菜バイキング(100グラム180円)を用意。テークアウトも可能なことから、球場へ持ち込む客も目立つという。ビアガーデンでは、焼肉や海鮮、焼き鳥などを提供。利用は2時間の制限をつけるが、「満足度は高い」と西村さん。周辺の住民やビジネスマンを中心に、リピーターの姿も。

 今後は広島駅に近い立地を生かし、広島カキと地域振興の発信を行うことでにぎわいの創出を目指す。

 営業時間は、月曜〜金曜=16時〜22時、土曜・日曜・祝日=11時〜22時。ビアガーデン料金は、男性=3,500円、女性=3,200円、中高生=2,000円、小学生以下=1,000円。月曜定休。

広島の「焼きガキ小屋」がビアガーデン−マツダスタジアム近くに新業態店

http://hiroshima.keizai.biz/mapnews/1162/




             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。