広島刑務所の脱獄に思う。


脱獄のニュースにはびっくりしたと思います。

60年広島に生きてきて(途中留守はありましたが・・・)、脱獄の記憶は、きっと無いと思います。


会社は、刑務所と同じ島にあります。

刑務所の南側です。

ここまで、会社まで来ると、袋小路になる。

          広島地図中心のが刑務所の位置です。



刑務所は広島のど真ん中に位置する。

住宅も、公園も、学校も、ショッピングモールも、コンビニもスーパーも・・・総てある真ん中にあります。

今回、危険な思いを感じた人は多いと思います。


原発に続いて、まさかの思い。

安全神話が崩れた思いも感じたと思います。


広島は川が多い。

刑務所から西に逃げようとすると、3つ橋を渡らなければならない。

つまり、橋を封鎖されると、逃げられない。

橋を渡るには、人目につきやすく、それなりの勇気も覚悟もいると思う。


単独では、変装と、お金が必要となる。

仲間がいると、車で、逃走出来るかも知れない。

結果、逃走犯は単独犯であり、そして、お金が無かった。


つまり、川を渡りきれなかったのだと思う。

そして、川の風景は良く似ている。

逃走犯は、方向感覚も定かでなくなり、捕まった地点は、逆に、刑務所に引き返す様に近づいてしまっていた。


津浪も、刑務所も塀の高さが問題だったのかもしれない。

まさか、の津浪の高さ、

まさか、の5mからの逃避。


刑務所の北側に平和公園があり、その北側に広島城がある。

広島城は平地にあるが、川に囲まれている様が、如何に頑強なことかも思い知らせてくれた。


川は、自然の要塞なのだと、改めて思い知らされた。


脱走といえば、パピヨンと云う映画があったと思う。

決して脱獄する事はできない南国の孤島にある刑務所から、ひとり脱獄を企てる。

最後には、成功したと思うが、その、過程は凄まじい努力があったように記憶にある。


100%まさか、を突いた脱獄だと思う。

そして、単独犯だった。


単独犯の方が、成功率は上がるのだろうと思う。

まさか、この言葉をつけるのは、複数では難しいと思う。

ともすれば、計画の段階で、ばれる。

実行の段階でも、計画通りに事が運ばずばれる。

2人以上だと、もし、タイミングが合わなければ計画は台無しとなる。

例えば、一人が待って、一人が遅れれば、成功しない。


偶然でしか、まさかは、起きないと云う事だと思う。


しかし、単独で成功させるためには、相当なる、能力がいるのだろうと思う。

知識、準備、忍耐力、理性、勇気・・・。

そして、運だと思う。


最後の運を掴む能力が最も必要なのかもしれない。


パピヨンの映画の主人公は、総てを持ち合わせていた。

しかし、今回の中国人の脱獄には、運と体力だけではなかったのかと思う。

せっかくの降って沸いてきたような運も掴みきることが出来なかったのだと思う。


パピヨンの主人公が、広島の刑務所より、より、はるかに難しい刑務所から、なぜ脱獄できたのか。

それは、最大の理由は、彼が、無実だったからに他ならないのだと思う。

無実の濡れ衣から逃れるエネルギーは、総てを超えて発揮できていたのだと思う。


今回の、広島刑務所の脱獄の失敗は、そのエネルギーが無かったに違いないのだと思う。

無実でもないのに、決して、脱獄なんて出来るはずも無いのだと思う。


しかし、さらに、暖かい広島といえども、今年の冬は寒い。

朝は0度近い。

ナポレオンではないが、冬将軍の力も物凄いと思う。

寒い、これには心身ともに勝てない。

身が振るいあがれば、心も振るい上がる。




ともあれ、お騒がせに終わった今回の逃走劇は、不幸中の幸いだったのだと思いたいと思います。

誰一人、命も落とさず、怪我もせず、

きっと、誰一人、身近に、恐い思いすら無かった。


広島のど真ん中で起きた事件、これからは、二度と起きませぬように!

広島市民の切なる願いだと思います。




ありがとうございました。






             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。