貧困と消費税。


ついでに、現実的な数字で計算してみたらと思い、書きます。

多分、平均年収が450万円当たりだと聞いたと思います。


年収450万円を貯金する余裕無く、全部生活費で消えたとしたら、

年間の消費税は、単純に45万円になる。

5%だと、半分の22万5千円で済んでいた。

つまり、年間22万5千円税金が増えると言う単純計算になると思う。



逆を考えると、

5%だと、422万5千円使って、22万5千円の消費税を払っていた計算になり、

10%だと、45万円の消費税を支払うことになり、405万円しか買い物できなくなるという計算になる。

つまり、450万円の収入のうち、422万5千円使えた収入が、405万円しか使えなくなるということになります。

あくまでも、単純計算ですけど・・・。


単純な質問なのですが、

所得税を払い、既に、税引き後のキレイな金、になっている450万円に、更に45万円の消費税は、ニ重税ではないでしょうか。


平均年収より、倍ちょっとの収入の人は、お金持ちと呼べると思いますが、

年収1000万円の人が、仮に、生活費に500万円使ったとします。

10%の消費税、金額は50万円になります。

消費税50万円は、収入1000万円からみると5%に過ぎません。

しかし、年収450万円の人の消費税45万円は、収入の10%になります。

単純に、金持ちの税負担は半分で済む事になります。

これが、年収2000万円、生活費に500万円とすると、更に、1/4で済む事になります。


つまり、年収を全部使うと、10%の税負担になり、

金持ちになり、年収の半分しか使わないと、5%の税負担になり、

更に、金持ちになり、年収の1/4しか使わないと、2.5%の負担にしかならない、

と云う計算になります。


つまり、貧困家庭は、貯蓄も出来ず、全部、生活費に消えると、

収入からの税負担も10%になる計算になる。


平均家庭でも、子育て、ローンなどがあれば、貯蓄は厳しくなり、出来ても、消費税ほどの金額にはならないのではないかと思う。

収入全額出費になると、消費税の数字そのまま、収入の10%の税金負担となる。

前述の例で、450万円の収入、全額出費450万円。

そのうち、45万円は、消費税です。


これでも、消費税、これをご承知の上で、承認派に入れますでしょうか。

ご確認までに。


ふつう、会社では、収入が落ちれば、どうするか。

消費税という、打出の小槌みたいなものは、有得ない。

売り上げを上げるか、経費(給料も)を下げるかしか、方法は無い。

国で売り上げを上げると云う意味は、日本の景気を良くすることになると思う。

経費は会社も同じだ。要するに質素倹約は変らない。


結論は、

消費税は、平均家庭から貧困家庭までの税負担が、余りにも大きくなる。

逆に、金持ちの税負担は軽くなる。

ますます、貧富の差は、大きく広がっていく事になる。




ありがとうございました。





              ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。