貧困と裕福と消費税。


政府が財政難で、税収を増やしたい。

そこで、最も手軽な方法が消費税のアップ。

色々な理由付けをされて、ほぼ、多くの国民は納得。

しかも、それは低所得者層に多いような気がする。

それは、生活弱者の「大きいものには巻かれろ」理論だと思う。

大きいもの、強いもの、ましてや、政府、つまりお上の言われることには従順であると思う。


消費税の良し悪しに色々な議論があると思いますが、

一つ、良くない、悪い理由を、書きたいと思います。


規制緩和前の、一億総中流といわれた時から、今日まで、貧富の差は拡大し続けていると思う。

前回のブログで、極端な例をあげました。

しかし、方向性としては、 アメリカの後を追随しているのは、間違いがないことだと思う。

そうなると、日本でも、 アメリカのように、極端な金持ちと、多くの貧困層になる可能性は大きいと思う。


消費税。

これの、最大の害悪は、ここにあると思う。

つまり、この課税方式は、貧富の差をより拡大させる、拍車をかけると思う。

根拠は簡単だ。

総収入の中で、所得税にしろ、消費税にしろ、要は、税と付くものを総て合計した金額と、収入の割合を見れば、一目瞭然だと思う。

消費税が上がると、低所得者の、収入から見た納税の割合は急上昇する。

しかし、高額所得者の納税金額の比率はさほど上がらないことが解る。


前回の、話を例とすると、

20万円の収入に10%の消費税がかかると、2万円になる。

20万円の収入を総て、生活費に使うわけだから、間違いなく、消費税、2万円かかることになる。

つまり、現状の消費税5%と比べると、1万円アップに間違いなくなる。

これは、実質、年間12万円の納税金額の上乗せとなる。


方や、金持ちが100万円使うと、その差額を同じように計算すると、5万円アップとなる。

この数字を見ると、確かに、金持ちも納税が増えたではないかと云う事になる。


しかし、収入との比率を考えると、納税の比率は、貧乏人は、金持ちの何倍にもなる。

金持ちにとっては、消費税による増税は微増に過ぎない。

もし、所得税を増やすと云う事と比べると、金持ちの、納税額は、非常に少なくて済むと云う事になる。

雲泥の差であることがわかる。


で、それがなに?と云われるかもしれないが、

これが、貧富の差を、ますます広げる、大きな原動力にもなる。

これが、消費税の大問題だと云う事を、訴えたいと思う。


政府は、知らずか、知ってか、

金持ち優遇の為になった、規制緩和を行い、

さらに、金持ち優遇の税制、消費税をやろうとしている。


善良な国民はすぐに、それに理解を示す。

それは良しとしても、

消費税のアップによって、貧富の差が更に開く方向に進むのは良くないと思う。


政府は、簡単に処方できる、消費税に走ろうとする。

絶対に走ってはいけないと思う。

やはり、収入を多く得た人から、多くを納税していただく、所得税の方で対処しないと、

絶対に良くない!



それは、

消費税10%にすると貧富の差は広がるばかりだと思う。



ありがとうございました。



p.s.

しかし、菅首相が、退陣して、消費税の話も終わりそうだ。

笑い話のような話に聞こえる。

消費税、国の大事ではなかったのか。

国民の大反対よりも、首相の退陣で、消えていくとは・・・。


安部総理の、九条の問題も、日本の国防の根幹を揺るがすことだと、恐怖を感じていたが、何のことはなかった、安部総理の退陣で、水の泡の如く消えた。

どちらも、目出度し、目出度し。

後任の総理に引き継がれないような、意見を言うような、総理はもう出現して欲しくはない。

消費税も、九条改正も、良い案ではなかったことになってしまった。

と云う事だと思う。




p.s.

もし、本当に政府が、庶民のほうを向いて、政治をしていたとすれば、貧富の差の拡大にも歯止めをかけようとすると思いますが、庶民からは、それが感じられているのでしょうか。

闇雲に景気対策とはいっても、金持ちの方ばかり向いてはいないだろうかと・・・、思うのは貧乏人のやっかみ?なのだろうか。




ありがとうございました。








              ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。

















              ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。