ザッケローニ監督。

日本に歓喜をありがとうございます。

選手の皆さん優勝おめでとうございます。歓喜をありがとうございます。

連日メディアが伝えてくれる、活躍、その裏話など、逃さず見てしまいました。

何かを越えた、何かがあった。

「勇気を持って、ゴールに突進した。」、 試合でした。

いつも、チームの為にと、選手の皆さんご自身が発言されています。まさに、今回、それが、最も、結実した大会では、なかったかと、感動をいただいております。

振り返ってみると、平和な日本・・・、ひょっとしたら、勇気を失いかけていた?忘れかけていた?かも知れない。

勇気、情熱、かつては溢れていた。疲れ果てた、希望が見えない、閉塞感に押しつぶされそう、どうする?打破する、やはり、強い勇気と情熱がいる。

それを、彼達、日本代表選手達が目の当たりに見せてくれた。そんな感慨にふけっております。ありがとうございます。


ありがとうございました。