unicuro01202010unicuro01212010
クリックで拡大します。

先日、上記の記事を中国新聞を見ているときに、目が止まり、記事に引き付けられました。

「いいなァ」 というのと、「大変だなァ」 という感じを同時に感じました。

「大変だなァ」 という感じは、今や日本全国で、多くの業種の製造中小・零細企業の方々が感じておられるのでしょうか。

「いいなァ」 という感じは、諦めていない、そこに夢がある、人間としても企業としても明るい、未来に向けたエネルギーがあるということなのでしょうか。

私のお世話になっています業界は理容業界です。やはり社会的な大きな影響、不景気、高齢化、就業人口の縮小化等で、大きな課題に直面していると思います。

しかし、この記事は、一つの大きな勇気や、明かりを示してくれている様な気が致します。

技術って本来すごくすばらしいものだと思います。日本人の技術に対するこだわりも、心意気もすばらしいものだと思います。

私のお世話になっています理容業界の理容の技術もすばらしいものだと思います。

技術の前に、理容業そのものがすばらしいと思います。

ヘアースタイルを作る。

これだけで、すばらしい。

それは、すべて個別対応です。一つ一つオリジナルで、一人一人のオンリーYOUですからすごいことですよね。

人は見た目が・・・・と云う本が話題となり、見た目が大事と話題になりました。

人の見た目には、多くの要素があります。顔、服装、姿勢等々・・・・とヘアースタイル等でしょうか。

理容のお仕事は、見た目の多くの、しかも重要な要素であります 「顔」 と 「頭」 のイメージアップをするお仕事です。中でも、特にヘアースタイルはその人のイメージを大きく変えたり、決定付けたりします。すごく意味があります。

その人の為ににデザインされたヘアースタイルと、何でもいいからとにかく短くなってればいいヘアースタイルでは、まったくまったく違ったイメージになります。

三枚目、四枚目の私は、諦めていました。髪をいじったくらいで、ヘアースタイルをどうしたところで、ニ枚目とは程遠いと思っていました。「いつもの通りにお願いします。」 とお願いするか、「もう少し、スキを入れて下さい。」、「もう少し、短くしてください。」 が今までに出来てきた会話ですが、そこに技術者の感性と技術が加われば、出来上がりのイメージは随分と変ってきました。

「5才若返りますよ。10才若返りますよ。」という事が、本当にヘアースタイルで、技術者の技術と感性で、実現出来ると思います。

こうなると「ありがとう。」 と感じてしまいます。顔もほころんできます。

サロンに出かけますと、多くのお客様がお帰りになる際に、「ありがとう。」と言葉をかけられます。お客様がありがとうと言うのは逆じゃない?と思いますが、喜びに満ちた笑顔で言われている光景によく出会います。

良い仕事だなァ。理容という仕事はお客様を即刻、幸せにして差し上げることが出来るんだなァと、第三者である私の目にも映ります。

技術大国日本、色々な技術がありますが、同じ技術でも、理容業というお仕事は、直にお客様から、ダイレクトに喜びの笑顔がいただける、すばらしい職業だと思います。

それはヘアースタイルも崩れて、苦茶々々になって、気分まで憂鬱に落ち込んでしまっていても、1時間足らずで、ヘアースタイルが決まり、心もスッキリまるで軽くなり、やる気まで湧いてくる、これは感謝、感謝、ありがとうだと多くの方が感じられると思います。

しかし、時代は残酷です。近年の日本は残酷です。「品質、価値」よりも「価格」だけをみる傾向が強まってきているのでしょうか。不景気だけでしょうか。日本人の心の荒みようがあるのではないでしょうか。資本主義、市場経済の行き過ぎでしょうか。価値があっても、それでも安く安くの大合唱の一点張りみたいに感じられます。

これでは価値を追求して、技術の向上に日々努力を続けておられる職人さん達は浮かばれないのではないでしょうか。

日本は世界に冠たる職人芸の宝庫で、職人芸は日本の文化の根底だと思います。

機械で作られた物と、職人さんの手によって、手作りの物とは、価値判断の基準が同じでは、いけないと思います。

外国人が日本の職人芸を、その価値を理解出来ないということであれば、致し方ないことかもしれませんが、私達は職人芸、技術に対する価値は守って差し上げるべきだと思います。

もし、職人の技術が、資本主義の価格だけの競争に巻き込まれて、飲み込まれるようになれば、それが悪循環となり、日本文化まで崩壊していく様な心配が出てきます。

良い理容師さん達が、いつまでも良い仕事を続けて、デザインされた、良いヘアースタイルが提供できる、豊かな日本が続いていって欲しいと願っています・・・・・・。

P.S.
それにしても、山口の人ってすばらしいですね。「匠山拍」の皆さんへ大きなエールを送りたいと思います。

山口の最近の顔のひとり、ユニクロの柳井さんってすごいですよね。日本富豪首位に2年連続ですから・・・しかも、一代で、小さい洋服やさんからのスタートですから、しかも第一号店が、ここ広島からですから、嬉しい話ですよね。びんぼうでもきもちだけはがんばろうっと!

P.S.のP.S.
就職難の今のご時世。
職業をお探しの方がおられましたら、
理容師っていう選択は是非のお勧めですよ。

技術の習得って、近道も、カンニングも出来ない、本当に努力しただけが身につくだけですから、修行時代はすこし大変かもしれませんが・・・・

一人前の職人さんになると、御褒美はいっぱい待っています。

だだし、大金持ちになるのには難しいかもしれません・・・

大金持ちになるのはどんな職業でも難しいですから・・・・

もう一度・・・

理容師さんって

「人を幸せにしてあげることが出来る職業ですよ。」

人に笑顔を差し上げたい方、私はお勧めいたします。
幸せって本来、誰かと共有なんですよね。ひとりで幸せは?なれるのでしょうか?

私は私のお客様の中に、一生、平和に、豊かに、幸せに過ごされてきている多くの方達を知っています。

もし、興味が湧いてこられた方がありましたら、ご連絡いただければ、お話したいですね。

ありがとうございます。