あけましておめでとうございます。

2009年が終わりましたね。
如何でしたでしょうか?

12月31日は一転厳しい真冬の一日になりました。この一年を表しているかの様な天候だったのでしょうか。

12月31日は満月の夜でした。30日もほぼ満月のきれいな月が照らしていました。満月01012010

天候さえ良ければ夜は満月を見て、真夜中に月食を見て、朝、初日の出を東に見て、西に満月の入りを見れるはずでしたが・・・・

あいにくの天候で願いは叶わないことになりました。



=========================

元日未明に部分月食 全国で

月が部分的に欠けて見える部分月食が来年1月1日未明、日本全国の西の空で観測できる。

国立天文台によると、欠け始めるのは午前3時51分。地平線に近づきながら大きくなり、ピークは同4時22分。月の左下の部分が8%ほど欠ける。同4時53分には満月に戻る。注意して観察しないと気づかないほどの小さな月食だが、晴天であれば肉眼でも見えるという。

2010年は、1月15日に東南アジアで金環日食が見られ、西日本でも欠けたまま沈む太陽が観測できる。6月26日には月の半分ほどが欠ける部分月食、12月21日には、月が欠けたまま昇ってきて間もなく皆既になる月食も見られる予定だ。

(2009年12月30日  読売新聞)

=========================

5時半ごろ起きて、外に出て、天を仰いで見てみましたが、冷たい空気の上空は分厚いグレーの雲で覆われていました。ところどころ、きっと青空?が見えましたが、初日の出の期待できる大きさでは有りませんでした。断念!です。

昨年も、危ういところでしたが、ここ広島県呉市の休山山頂からは拝むことが出来ました。いつも1月1日は、ラッキーにも、危うい予報でも、最近は毎年拝むことが出来ていましたのに・・・、今年は残念でした。特に、実は、見たかった。東に初日の出、西に振り向けば満月の入り、こんな1月1日は何年に一度やってきてくれるのでしょうか。休山の山頂はこんなことが叶うロケーションなので・・・あ〜あ、残念。

残念!



 
今、僕の部屋に朝日が差し込んできました。今年の初日です。11時23分、窓を開けて、見るとまだ空の多くは雲で覆われています。隙間から数十秒、差し込んでくれた初日に合掌。『今年も良い年になりますよう。』その前に、『2009年、無事で、元気におくれました。ありがとうございます。』

2010年、やさしい年にな〜れ!