The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

2012年01月

広島カキ。

広島カキ。


ハワイから知人がやってくる。

わずか半日だが、訪問される。

話題は一番が、食べ物になった。

知人曰く、広島は今はカキでしょうと、特に今は旬でしょうとよくよくご存知で、かなり楽しみにされた。


実は、カキは、どちらかといえば、10年位前までは苦手の方だった。

端的に貝類の大きいものは苦手の部類だった。


美味しいところありますかと聞かれたとき、知人に聞きまくろうと思っていたら、

思いは通じると云うか、下記のカキの記事に出合った。


これぞ、THE OYSTER と思ってもらえる自信が沸いてきた。

素朴な広島の自然も感じてもらえるかもしれない。

瀬戸内海の香りも味も感じていただけるかもしれない。


こんなカキ音痴な者に、神からの最高のお助け船に違いない。

きっとこれを期に、大好物になるかもしれない。


いや、ハワイへの一番のお土産話になるかもしれない。

きっと、なる。



ありがとうございます。










広島・草津漁港に生産者直営の「カキ小屋」−カキむすび、串も人気に /広島

 広島・商工センター内の草津漁港に1月14日、県内で初めて生産者が直営する「カキ小屋」(広島市西区草津漁港1、TEL 082-277-9321)がオープンした。(広島経済新聞)

【画像】 人気のカキむすびとカキ串

 接客や販売など、全てが初めての試みに挑戦するのは、草津かき小屋組合。所属する12社のうち、8社が経営に参画する。店舗は組合が資材置き場として利用していた公安用地に建設。店内には、1卓4人掛けのテーブルを中心に並べ、52人〜60人が着席できる。

 提供するのは、生産したほとんどを東京・築地に出荷しているという「草津カキ」。8社が生産したカキを日替りで用意する。メニューは、10個前後をバケツに入れた殻付きカキ(1,500円)やイカ、ホッケ、草津の練り製品とコラボした「カキ蒲(かま)」(以上、一皿300円)など

 「殻付きカキに次いで人気」というのは、カキだけを入れて握ったむすびと味付けしたカキを串で提供する「カキ串」(以上300円)。「持ち帰り用に購入される方も多い」とスタッフの女性。「オリジナルの味付けも自慢」と笑顔を見せる。

 生産者が直接、消費者の意見を聞くことができる同所。「自分が作っているカキの意見が聞けることは、大きなよろこび」と組合長の網岡さん。生産者が店に足を運んで直接、客とコミュニケーションを取ることもある。

 オープン翌日の15日には、1400個を販売。待ち時間は約1時間に上ったという。来店が集中する土日に備え、席数の増設も検討。「今年は試行錯誤の繰り返しだが、来年につなげていきたい」。

 瀬戸内らしい雰囲気の中で、県内産のカキを手軽に食べることができる場所をつなげた「オイスターロード」は宇品や呉、広島三越の屋上などに、10月下旬から店舗をオープン。今回で8店舗目となる。

 営業時間は11時〜19時。駐車場30台。









広島・宇品地区に「浜値」で販売する「カキ小屋」−「オイスターロード」として展開

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

 広島沿岸部の宇品波止場公園内に10月中旬オープンした「焼きガキ小屋」(広島市南区宇品海岸3、TEL 082-255-2775)がにぎわいをみせている。

 全国一の水揚げ量を誇る広島県産のカキを「浜値」で販売するビニールハウスの「カキ小屋」は、公園の一角にオープン。店舗面積は約110坪、席数は240席。ビニールハウスは、カキを焼く炭の熱気が広がる。

 商品は、焼きガキ(1キロ、1,000円)、イカ(500円)、エビ(2匹、600円)、ホタテ(2枚、600円)、サザエ(2個、600円)、アナゴ(500円)、カキが入った炊き込みご飯(300円)など。カボチャ、キャベツ、ピーマンなど広島県産の野菜セット(600円)やテークアウト用の殻付きカキ(1キロ、1,000円〜)も用意する。店内はセルフサービスで、1グループにつき炭代(300円)がかかる。

 同店は、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す広島県の「瀬戸内 海の道構想」実証事業として10月に運用を開始。今後も「オイスターロード」として、瀬戸内海沿岸に店舗を増やしていく。

 オープンから1カ月がたち、平日300人、土曜・日曜1,000人が利用。少しずつ団体客利用も増えてきた。客単価は1人約800円。カキを食べたことのない子どもから「おいしい」という声もあると「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。生産地と消費地の「日本一」が一致していない広島県産のカキ。生産者と観光客を結びつけることで、「消費日本一にしたい」と意欲をみせる。

 販売所には、ビニールハウスの設置や観光バスを駐車する広いスペースが必要。広島県は県内で企画への参加を呼び掛け、呉、尾道、三原、竹原、東広島、江田島、廿日市の7市が賛同した。近日中に三原市へ2号店を出店する予定。

 営業時間は10時30分〜日没。雨天休業。来年3月末まで実施。

ビニールハウスの中でカキを焼く利用者(関連画像)
カキ情報に特化した「オイスターペディア」−広島のカキ情報も(広島経済新聞)
広島市内で「カキ」のチャリティーバザール−低価格販売で消費拡大狙う(広島経済新聞)
広島県産の養殖「カキイカダ」共同オーナー募集−1口約200個収穫へ(広島経済新聞)
ひろしまオイスターロード

広島・宇品地区に「浜値」で販売する「カキ小屋」−「オイスターロード」として展開

http://hiroshima.keizai.biz/mapnews/977/




広島三越に「カキ小屋」オイスターガーデン−冬場の屋上を活用

 11月に広島・宇品や呉で営業を開始したカキ小屋が12月1日、「オイスターガーデン」として広島三越(広島市中区胡町、TEL 082-242-3111)屋上にオープンする。

 全国一の生産量を誇る広島県産のカキ料理を提供する同所は、冬場に利用がない百貨店の屋上を活用して開く期間限定店。繁華街の中心という立地から、忘年会や新年会シーズンを中心に、県内でのカキ消費量の促進を目指す。運営は、「暖厨」「エルミタージュ」などの飲食店経営やコンサルティングを手掛けるエンタープライズ(袋町)。

 メニューはランチとディナーで異なる。ランチでは、オイスターランチプレート(1,500円)、カキフライランチ(1,300円)を用意。飲み放題となるフリードリンク(1,000円)を準備するディナーでは、殻付きのカキ6個とカキ料理8種類、居酒屋メニュー15種類が食べ放題となるオイスターバイキング(大人=2,500円)を提供する。

 屋外での飲食のため、風雪を防ぐ風除けの設営も予定。席数は300席。熱かんやお湯割りの焼酎、ホットウーロン茶など、温かいドリンクもそろえる。利用客には、20代前半からのビアガーデン利用客や年末年始に帰省する県外在住者を想定。ホテルにチラシを置き観光客へもPRする。

 オースターガーデンは、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目指す、「海の道構想」の認定事業として取り組む。事業は昨年10月、広島県が実証事業として運用を開始。宇品や三原、呉で「オイスターロード」として展開している。運営はひろしまO.Rシステム(三川町)。

 営業時間は、ランチ=11時〜15時、ディナー=17時〜22時。2012年4月8日まで。

広島三越に「カキ小屋」オイスターガーデン−冬場の屋上を活用





広島の「焼きガキ小屋」がビアガーデン−マツダスタジアム近くに新業態店

 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島近くに7月1日、屋外バーベキューやビアガーデンが楽しめる「ふるさとダイニング」(広島市南区西蟹屋町3、TEL 082-258-2720)がオープンした。

 広島市土地開発公社が管理する約11.6ヘクタールの貨物ヤード内に開いた同店。運営は、広島カキを「浜値」で販売する焼きガキ小屋「ひろしまオイスターロード」として昨年、瀬戸内海への観光客誘致で地域経済の活性化を目的に実証事業として運用を開始した広島県の「瀬戸内 海の道構想」が行う。

 夏場はビアガーデン、カキがシーズンを迎える10月から3月までは「焼きカキ小屋」に営業形態を切り替える。JRの沿線に立地する同所は、「電車から見える」と「ひろしまオイスターロード」発起人の西村真吾さん。情報発信できる場として、広島カキを県外に発信する狙いもあるという。客席は400席。屋外にテントを組んで設営する。

 敷地内に設けた売店では、地域振興を兼ねて県北や他県の市町村の情報発信を行うブースを設置。加工食品など特産品を取り扱う。このほか、店内ではサザエ(300円〜)、フグの一夜干し(250円)など海鮮や食べ放題とは別に牛や豚、鶏などの肉を販売。野球観戦後に立ち寄る短時間利用の客向けにバーベキュー用の肉は量り売り(100グラム250円)も行う。

 カウンターでは、約20種類の惣菜バイキング(100グラム180円)を用意。テークアウトも可能なことから、球場へ持ち込む客も目立つという。ビアガーデンでは、焼肉や海鮮、焼き鳥などを提供。利用は2時間の制限をつけるが、「満足度は高い」と西村さん。周辺の住民やビジネスマンを中心に、リピーターの姿も。

 今後は広島駅に近い立地を生かし、広島カキと地域振興の発信を行うことでにぎわいの創出を目指す。

 営業時間は、月曜〜金曜=16時〜22時、土曜・日曜・祝日=11時〜22時。ビアガーデン料金は、男性=3,500円、女性=3,200円、中高生=2,000円、小学生以下=1,000円。月曜定休。

広島の「焼きガキ小屋」がビアガーデン−マツダスタジアム近くに新業態店

http://hiroshima.keizai.biz/mapnews/1162/




             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。





















フェイスブックに思う。

フェイスブックに思う。


フェイスブック、少し前から興味はあった。

しかし、それ以上は、何の行動もしなかった。

静観・・・・。

だった。

理由は簡単で、一人で、成就できることではないからだった。

ソーシャルネットワーク、つまり社会の連携だから・・・、

ひとり、興味を持ったところで始まらない。


ある日、知人からの強引なメールで、登録に相成った。

登録はしたが、しかし、何も始まらない。

友人2人。

まだ、社会には程遠い。


少し経つと、周りの知人も、ざわめきだしたのだと思う。

友人の誘いを頂きだした。

登録をしていた意味が出始めてきた。


フェイスブックの世界は、急激に広がりだした。

やっと、ご近所、集落の規模くらいにはなった。

ここまでくると、小さくても社会は社会になった。


友達には友達がいて、これだけの集落でも、その連鎖で世界一週くらいは出来そうだ。

無限に繫がる連鎖が出来ている。

驚きだった・・・・。


フェイスブックへの興味が、一段上がった。

目的は・・・・。

どう付き合うのが良いのだろうか・・・。


本「フェイスブック」の中で、

プロローグに「われわれの会社はガスや水道と同様の公共事業です」とある。

この意味するところは・・・。

井戸端会議・・・か。


電子井戸端会議?つまり、井戸端会議の現代版?

それは必要か、不必要か・・・。

必要といえば必要だし、

不必要といえば、不必要だと思う。


しかし、昔の井戸端会議とは明らかに違う。

隣村のAさんに瞬時に会いにいける。

隣の市のBさんにも、隣の県のCさんにも、

隣の国もDさんにも、すぐに会いにいける。


時間も、同時でなくても会える。

5時間前のEさんにも会える。

・・・・、空間を超え、時間を越えて、

・・・、会える。


フェイスブック無しでは、会えなかった人にも会える。

フェイスブック無しでは、話は決して出来なかった人とも話が出来る。

雲の上の人だと思っていた人と出さえ話が出来る。


言葉に乗せて、写真に乗せて・・・、

多くの心が行きかう・・・。


有り得なかった社会が出来た。

有り得なかった交流が始まった。

有り得なかった心の動きが始まった。

有り得なかった知識と巡り会うことも出来た。

有り得なかった視野も開けた。


見えなかった、あの人の良い所が見えた。

見えなかった、あの人の魅力が伝わってきた。


こんな人間のコミニュケーションの有り様があったのか・・・。


ご無沙汰しています・・・。

そして、それから疎遠になった人は多い、少なくは無い。

それは、コミニュケーションが途絶えてしまったから・・。

それは、距離が離れたから・・・。

それは、時間がかかるから・・・。

距離が離れ、時間が取れなくなって、疎遠になってしまった・・・。

のだと思う。


フェイスブック、それは・・・、

疎遠にさせた、距離と、時間を取り除いてくれる。

そして、タイムリーでなければならなかったはずの会話も、

時間差が許されることになった。


それは、貴方の空いた時間と、私の空いた時間が同じでなければならなかった。

しかし、フェイスブックは・・・、時間の同時を変えた。

例えば、5時間前の貴女と、5時間後の私が、

時間差を忘れて、心を通わすことが出来る・・・。


時空を超えて・・・、

フェイスブックのコミニュケーション能力は、時空を超える。

その心の通い具合も、色あせるどころか・・・、

色鮮やかさを増して、

更に、新しい次元での、コミニュケーションさえ可能としてくれる。


フェイスブック・・・。

天才、マーク・ザッカーバーグの予期したとおり、

水道・ガス・電気の如く、

心の通り道となると思う。





ありがとうございました。






             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。











広島刑務所の脱獄に思う。

広島刑務所の脱獄に思う。


脱獄のニュースにはびっくりしたと思います。

60年広島に生きてきて(途中留守はありましたが・・・)、脱獄の記憶は、きっと無いと思います。


会社は、刑務所と同じ島にあります。

刑務所の南側です。

ここまで、会社まで来ると、袋小路になる。

          広島地図中心のが刑務所の位置です。



刑務所は広島のど真ん中に位置する。

住宅も、公園も、学校も、ショッピングモールも、コンビニもスーパーも・・・総てある真ん中にあります。

今回、危険な思いを感じた人は多いと思います。


原発に続いて、まさかの思い。

安全神話が崩れた思いも感じたと思います。


広島は川が多い。

刑務所から西に逃げようとすると、3つ橋を渡らなければならない。

つまり、橋を封鎖されると、逃げられない。

橋を渡るには、人目につきやすく、それなりの勇気も覚悟もいると思う。


単独では、変装と、お金が必要となる。

仲間がいると、車で、逃走出来るかも知れない。

結果、逃走犯は単独犯であり、そして、お金が無かった。


つまり、川を渡りきれなかったのだと思う。

そして、川の風景は良く似ている。

逃走犯は、方向感覚も定かでなくなり、捕まった地点は、逆に、刑務所に引き返す様に近づいてしまっていた。


津浪も、刑務所も塀の高さが問題だったのかもしれない。

まさか、の津浪の高さ、

まさか、の5mからの逃避。


刑務所の北側に平和公園があり、その北側に広島城がある。

広島城は平地にあるが、川に囲まれている様が、如何に頑強なことかも思い知らせてくれた。


川は、自然の要塞なのだと、改めて思い知らされた。


脱走といえば、パピヨンと云う映画があったと思う。

決して脱獄する事はできない南国の孤島にある刑務所から、ひとり脱獄を企てる。

最後には、成功したと思うが、その、過程は凄まじい努力があったように記憶にある。


100%まさか、を突いた脱獄だと思う。

そして、単独犯だった。


単独犯の方が、成功率は上がるのだろうと思う。

まさか、この言葉をつけるのは、複数では難しいと思う。

ともすれば、計画の段階で、ばれる。

実行の段階でも、計画通りに事が運ばずばれる。

2人以上だと、もし、タイミングが合わなければ計画は台無しとなる。

例えば、一人が待って、一人が遅れれば、成功しない。


偶然でしか、まさかは、起きないと云う事だと思う。


しかし、単独で成功させるためには、相当なる、能力がいるのだろうと思う。

知識、準備、忍耐力、理性、勇気・・・。

そして、運だと思う。


最後の運を掴む能力が最も必要なのかもしれない。


パピヨンの映画の主人公は、総てを持ち合わせていた。

しかし、今回の中国人の脱獄には、運と体力だけではなかったのかと思う。

せっかくの降って沸いてきたような運も掴みきることが出来なかったのだと思う。


パピヨンの主人公が、広島の刑務所より、より、はるかに難しい刑務所から、なぜ脱獄できたのか。

それは、最大の理由は、彼が、無実だったからに他ならないのだと思う。

無実の濡れ衣から逃れるエネルギーは、総てを超えて発揮できていたのだと思う。


今回の、広島刑務所の脱獄の失敗は、そのエネルギーが無かったに違いないのだと思う。

無実でもないのに、決して、脱獄なんて出来るはずも無いのだと思う。


しかし、さらに、暖かい広島といえども、今年の冬は寒い。

朝は0度近い。

ナポレオンではないが、冬将軍の力も物凄いと思う。

寒い、これには心身ともに勝てない。

身が振るいあがれば、心も振るい上がる。




ともあれ、お騒がせに終わった今回の逃走劇は、不幸中の幸いだったのだと思いたいと思います。

誰一人、命も落とさず、怪我もせず、

きっと、誰一人、身近に、恐い思いすら無かった。


広島のど真ん中で起きた事件、これからは、二度と起きませぬように!

広島市民の切なる願いだと思います。




ありがとうございました。






             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。





















ヤンキース 黒田選手おめでとう!

ヤンキース 黒田選手おめでとう!








                      index_bg黒田選手のホームページより。

         http://www.hiroki-kuroda.com/contents/message/

このトップページも、ヤンキースに変わるのだろう。

名門、ドジャースから名門ヤンキースに!うれしいニュースとなりました。


日本のニュースです。

    



アメリカESPNのスポーツニュースです。

         http://espn.go.com/video/clip?id=7460483








1月15日の記事です。

ヤンキース黒田誕生 FA投手最高12億円

 ドジャースからFAとなった黒田博投手(36)がヤンキースと合意したことが13日(日本時間14日)、明らかになった。古巣・広島復帰とメジャー残留で迷い続けてきたが、最低でもあと1年は米国でプレーすることを決意した。条件は1年契約で、年俸1600万ドル(約12億円)は、このオフ契約したFA投手でも最高額となる。期待の大きさだけ結果が求められる。常勝が義務付けられる厳しい環境で、ワールドチャンピオンを目指す。

 メジャー残留を決めた黒田にとって、最終的な条件は世界一に届く可能性の高い球団だった。今月8日(同9日)、獲得意思を示していた古巣広島に断りの連絡を入れた時点で、ヤ軍入りの意思を固めた。ヤ軍の提示条件は1600万ドル(約12億円)の1年契約。米メディアでは1000万ドル(約7億5000万円)程度と報じられているが、実際には大きく上回っている。

 ただ、黒田の心を動かしたのは、金額による評価だけでなく、左腕サバシアに続く先発ローテの一角としての期待度の高さだった。このオフも広島復帰という選択肢を持っていた。また慣れ親しんだドジャース残留にも大きな魅力を感じていた。だが、二者択一に固執したわけではなく、メジャー他球団の動向にも含みを持っていた。実際、代理人のスティーブ・ヒラード氏は「広島を含め、メジャー各球団と同じように考えていく」と、あらゆる可能性を探る方針を示していた。

 このオフ、米球界での「黒田人気」は突出していた。ウィルソン、バーリーの両左腕と一線を画した右腕市場で、黒田は1番人気。オズワルト、ジャクソンら他の先発FA右腕が動けないほど、黒田の動向は注目されていた。

 そんな黒田に、破格の条件を提示したのが、ヤ軍だった。当初は、ダルビッシュ入札の最有力候補だったが、落札期限直前に首脳陣間の話し合いで、ダルビッシュではなく実績と安定感のある黒田の獲得へ方針を転換。ダルビッシュへの入札金を2000万ドル以下に控え、黒田獲得資金を算出していた。

 ESPNバスター・オルニー記者はツイッターで、ヤ軍はジャクソンとの交渉決裂後に「ハル・スタインブレナー・オーナーから特別予算で黒田を獲得していいという許可が出た」などと報じた。昨季、ド軍で202回を投げ、13勝16敗ながら防御率3・07と抜群の安定感を残した黒田は、豊富な戦力を誇るヤ軍にとっても最高の条件を提示するに足る投手だった。

 1年契約にこだわった黒田にとって、盟主ヤ軍でチャンピオンリングを狙うことが、今季の唯一にして最大の目標となった。

 [2012年1月15日8時17分 紙面から]





やっと、黒田選手の真価が解ってもらえた気分がします。

記事の総てに同感です。

本当に、チームを支えてきた人ですから、野球人生の終わりは、支えるだけでなく、支えてもらえる選手で終わって欲しい。

世界で最高の栄誉を手に入れて、最高の野球人生の現役を終えて欲しいと願う。


今年は、ヤンキースから目が離せなくなった。

ありがとう、黒田選手。



ありがとうございました。
















2012年1月1日 日曜日。

2012年1月1日 日曜日。


今年は日曜日から一年が始まった。

むかし、西暦は、つまり、0年は何曜日から始まったのだろうと思い、調べたことがあった。

カレンダーには日曜日から始まっているものが多い。

その意味は、1日休んでから6日働くのかなと思う。


しかし、世の中には、昔のカレンダーは月曜日から始まっていたような気もするが・・・、

確か、今でも月曜開始のカレンダーもあるのではないかとは思う。


しかし、再度、ネットで探して見ると、

曜日を正確に計算された方の話によると、西暦0年1月1日は、やはり日曜日になっていた。


これが正しいとすれば、今年は、

西暦が始まった0年の年と同じカレンダーとなる。

とはいっても、確率的には、7年に一度は巡るわけだから、大したことでもないわけですが・・・。

しかし、暦の原点の年と同じには間違いないことになる。

2012年はスタートの年かもしれないと思う。


そんな年と位置づけて、

今年の、個人的なテーマを考えてみることにして、チャレンジしてみた。


60歳まで来ると、やりたいことは山ほどある。

それは、裏返せば、出来ていないことが山ほどあると云う事にもなる。


具体的に書けば、・・・やりたことの、

多くある中の一つに、

ニュートン最新号

を、最近購読している。

これで、自分の知識の浅さに、恥ずかしさを覚えさせられるわけだが、

人の目を気にするより、

虜になるほうが多い。


死ぬまで、に、どれほど、最新科学に触れさせていただくことが出来るのか、

やりたいことの一つになってきた。


写真は、きれいで、ありがたい。

今月号に記事に、巨木の特集があった。

想像を超える巨木が紹介されていた。

この記事を読むと、心は、現地まで飛んでしまう。

行ってみたいと心は、弾む。


これが、一番読みやすい、興味が沸いた記事だった。

後は、素人には、敷居は低くは無い。

時間を掛けて、じっくり読むか、


興味が沸いたときに、読むか・・・、


いずれにしても、死ぬまでには、是非、総ての記事を、熟読したいとは思う。


もっと早く、若い時だったら、という気持ちもあるが・・・、

「死ぬまで、一生、勉強。」

という言葉は、

60歳の頭にも、心にも、安らぎと、向上心と、興味をもたらせてくれる。


こう考えてみると、60時歳の新年も忙しい年明けになった。

その忙しさに多いに感謝しながら、頑張りながら、

今年一年も大いに楽しみたいと思う。



ありがとうございました。






             ブログランキングに参加しています。右のボタンをクリックお願いできますか。




 p.s.

 同窓会のご案内です。

 広島大手町中学校42年卒3年9組同窓会ご案内。

 
http://blog.livedoor.jp/salonsystem-otemachi42/archives/4813160.html


 ありがとうございました。



























育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ