The Sixtiethのブログ

自分なりにですが、人生の不思議を考えています。

2011年03月

出荷停止決定の翌日自ら命絶つ。

震災03292011

出荷停止決定の翌日自ら命絶つ。

起きてはいけないことが、やはり起きてしまった。

記事を読んでみた。

誰もが、こんなにすばらしい人だからこそ、生きていて欲しかったと思うと思う。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

ご家族の方のご無念はお察しするにあまるものがあると思います。

震災のケアで、仕事のことが一番気になっていました。仕事さえうまくいけば、多くの苦労は、消えていくと感じていました。

多くの心と、お金と、物資が、日本の各地から、世界の各地から、震災にあわれた方々の下に寄せられています。これは、空前とも云えるべき善意の大きさになりました。日本国民の根底を流れる、こんなあたたかさが有ったんだと、あらためて、感動してされてる人も多いと思います。

その中で、唯一、危惧していたのが、仕事です。

自殺者3万人を10年以上も記録している、近年、日本ですが、大きな理由のひとつとして、金、借金苦、つまり、倒産、仕事の先行き不安、行き詰まりがあると思います。

男は、強い。しかし、もろい反面を持っていると思います。

もろい反面とは、何か。夢が絶たれた時にポキンと折れるがごとくの精神状態になるのかもしれない。

夢が絶たれた時とは。

夢があれば、頑張れる。反対に、夢が無ければ頑張れない。どんな苦しさにも耐えられるのは、夢を持てるからだ言い切れると思います。

借金苦、倒産、どんなに、過酷な、人生の辛苦をなめさせられる状況でも、夢が持てれば、エネルギーが沸いてきます。反対に、閉塞感、強い閉塞感はエネルギーが奪われるが如く、脱力感に覆われてしまうと思います。

震災にあわれた方に大切なことは、即のケアと、将来の明るい展望、夢が持てることだと思います。

きっと、即のケア不足で、自ら命を落とされる方は居られないと思います。大きな失意があり、多くの不足と、多くの不便があっても日々、強く、戦われていると思います。

こんな試練を乗り越えられてこられている方々に、次の夢が持てなくなってきたらと、心配をしている矢先の、自殺という報道でした。

自殺される人の中に、まさか、あの人がということが、あると思います。憶測ですが、まさかと感じることのほうが多いかもしれないとも思います。

この報道された方の記事を読みますと、息子さんにとってですら、まさかの出来事だったと思います。一生懸命に生きてこられた、真剣勝負の人生だったのだろうと思います。そして、自殺されたことはその裏返しの出来事だったのだろうと思います。

第二、第三の彼を出さない為にも、原発の早期、封じ込み、解決が一層望まれると思います。

また、震災にあわれた方のケアは、仕事のケアまで出来て、本当に震災にあわれた方のケアが出来たことになると思います。

近年、最大の国難だと思います。

これから、震災にあわれた方の自殺者を出さないためにも、仕事のケアは最も重要なことだと思います。その道を、官民一体となって、何とか、見つけていけるよう、願っています。

神に祈るしかない、自分の無力を反省しながら・・・・。

やはり、原発の解決が、一番望まれますね。関係者の皆様のご努力に感謝しながら・・・・、祈っています。




ありがとうございました。





真空管。

真空管。

真空管、トランジスタ、ICチップとなってしまった。

現在のノートパソコンを真空管で作ろうものなら、想像ですが、エンパイヤステートビル(ニューヨークの)で足りるのかどうでしょうか、というくらい、前時代物になってきました。

しかし、音楽のアンプはそんなに点数が要らないから、昔のままの大きさで十分のようだ。

知人の一人が、手作りアンプに熱心だ。

真空管3本使用のアンプを分けていただいた。

音楽に精通していない、素人が言うのはおかしいかも知れませんが、良い音です。

今まで聞いていたものと比べて、という事になりますが、一言で言うと比べ物にならないと言ってもいいと思います。

つまり、それ程、粗悪な音を聞いていた、聞き続けていたという事が大前提にあります。

音源はCD。再生装置は、最も安いクラスの、少し古い、カセットCDプレーヤー。

イヤホンソケットから、信号を取り出し、アンプに繋ぐ。

アンプから、知人手作りのスピーカーに繋ぐ。

これだけの、シンプルな構成が個人的には、宝の音のように聞こえる。

信じていただけますでしょうか。

音が、人の心を癒す。

この言葉の意味を理解できる一品だと思います。

音源としてのCDは、レコードと異なり、ノイズがゼロ。温まって、熱くなって、まろやかな音を吐き出すアンプは、あたたかいとまで感じてしまいます。相まって、クリアなまろやかな音が届くように感じてしまいます。

ラジオやTVの音量を上げたとき、うるさく感じる。CD等、BGMとして使う時、ないと寂しいけど、つけるとうるさい。結果、最小限の音で、聞くとは無しにつけっぱなしで聞いている。という状況は少なからずあると思います。

想像すると、そのような状況を生み出すのが、音の質の悪さがそうさせているように思えると気付きました。

うるさく聞こえるのは、音の質が悪いからと思います。

長時間、聞き続けると、疲れてしまう、そして、消したくなるのも音の質が悪いからだったのだろうと思います。

これらは、音に癒されるの対極で、音に疲れさせられることになります。

疲れると、静寂は、欲しくなります。

考えてみると、疲れを取る音という、装置、製品も売り出されていた。それらを体験した事もあった。思い出してみると、本当に癒されたのか、と記憶を探す。

ヒーリングミュージック。検索してみると有りました。確かに緩やかなテンポで、やさしい音で、心臓の鼓動や脈拍数を減らし、眠りへと繋いでくれるものでした。少々、貼り付けておきますので、お試し下さい。

       

いや、びっくりするほどありました。切りが無いのでこれくらいで止めておきます。お楽しみ下さい。(Wクリックするとユーチューブに入りますので、多くの中からお好みのものを見つけていただけると思います。)

曲そのものは、癒しになるものばかりだと思います。しかし、残念ながら、このパソコンに繋がっているのは、直接、安物のスピーカですから、音が残念ながら、癒しというより、すこし、うるさい音になってしまっている感じです。

手元に、真空管アンプが、現在、有りませんが(貸し出し中)、後日、繋いで、聞いてみたいと凄く思っています。

考えてみると、生まれて、60年間、殆どの時間、低質の音ばかり聞いてきたのかと、しかも、気付く事も無しに、と今更ながら音の本質の魅力に驚かされている次第です。

はっきり云えば、ラジオの音も、テレビの音も、かなり低質と感じます。低質の音に囲まれて、生きてきた生涯で、子供の頃、クラシック音楽に、馴染めず、良さも解らなかった理由がそこに有った様な気もします。

ラジオの音、テレビの音のレベルで、クラシックの演奏で、感動を受ける事の方が難しいかったのではないかとさえ、回想してしまいます。

もっと問題は、若き頃、ステレオを無理して買って、部屋に置くことが嬉しかった事があった。しかし、曲を楽しむ、心のゆとりも、頭の知能も、音を楽しむ感性も大きく不足していたのだと思う。部屋の立派な飾りでしかなかった。

今、すこし、自分の中に、曲を、音を楽しむ能力がやっと芽生えてきたのかなと思う。還暦だ。遅すぎるではないか。残念ながら、そう思う。

若い、元気一杯の時は、雑音も、雑音に聞こえなかったのかと自問自答してみる。それよりも、音の魅力に気付かなかった方が大きいと思う。

ライブは良い。しかし、再生装置から、繰り返し、繰り返し、聞こうとはそんに欲求は生まれてこなかったと、記憶をたどると、そんな気がする。

この歳、このタイミングで、真空管アンプに出会った衝撃は大きい。

別の知人は、いや、真空管でなくても、良い音は出るよとアドバイスをくれる。しかし、それは、かなりの高額だ。レベルの低い自分にとっては、不釣合いな気がする。

3本の真空管を通して、出てくる音、自分にとっては、まだ、十二分すぎるレベルだと思う。

真空管を増やしていけば、更に、どんな良い音を醸し出してくれるのか。先の楽しみとして、おこう。




ありがとうございました。








もう一つの震災。

もう一つの震災。

経済停滞。

経済崩壊にならなければと願うばかりです。

東京で、売り上げ半減、お手上げ、撤退、倒産のご心配をされているお店は多いと聞く。

津波に例えれば、地方都市、広島では小波くらいは起きていると思っている人と、既に大波が届いていると感じている人もいると思う。

昔、アメリカがくしゃみしたら、日本は風邪をひくといわれた。

今は、東京がくしゃみしたら、地方は風邪をひくということだろうか。

東京が風邪をひいたら、日本全体が肺炎になるのではないかと心配する。

日本の経済は、内需より外需。つまり、輸出に頼られている。おもな産業は自動車、電気製品。日本を代表する、世界のブランドの生産がストップしている。

肺炎状態だと思う。

これら、大小の経済的問題の根っこに、原発問題解決が大きく横たわっている。

もう、農業の補償問題だけでは済まされない規模まで、時間の経過と共に大きくなってきている。

原発の問題の中で、人体に対する、問題、影響が一番大きな問題だが、もう既に、経済問題も大きくなりすぎてきている。

一刻も早く、一刻も速く。

肺炎をさらにこじらせて、死に絶えないためにも、関係者の方達の英知が更に終結されることを願いたい。

もちろん、関係各位様の現在に至るまでのご努力にも感謝申し上げたいと思いつつも、なんとか・・・、と願わざるを得ない時間が過ぎつつあるように感じます。



ありがとうございました。





水、ペットボトルの買占め、買い漁り。

水、ペットボトルの買占め、買い漁り。

水の買い漁りが、地方都市広島でも、横行し始めた。

娘のバイト先のショップで、個人で12箱も買い占めた方が居られたそうだ。

驚きにも軽蔑にも似た雰囲気があったのではないか、とは感じてはしまったが・・・。

TVで「冷静に」、「冷静な行動を」と呼びかければ、呼びかけるほど、買占めは大きく広がっていく、皮肉な結果を生む。

そもそも、「冷静に」の解釈が人それぞれだということを証明している。買い占める人は、冷静に判断して、12箱必要だから買いましたということだと思う。

ということはTV局の呼びかけ方は、適切であるかどうか、が問題かもしれない。TV局が考えている常識人ばかりはいないということになる。

もし、買い漁りを、止めたければ、買い漁りは、恥ずかしい行為だよとまで、説明してあげなければ通じない人達が多いということになる。又は、それを100も承知で、自分さえ良ければそれでよいという人達が増えているのかもしれない。

助け合いは、自分の幸福の立場を確立させて、余力があれば、助け合いなのだろうとも解釈できる。自分に不幸が襲って来ようものなら、他人のこと等、知ったことでは無いと言う事かも知れない。

規制緩和から世の中は完全に変わったと思う。

それは、ものの考え方が、根底から変えられてしまったからだ。サラリーマンの方には、この感覚は解り難いと思いますが、商店主、零細企業の個人会社の人達には、身にしみて、お解りの事だと思います。

規制緩和で、市場主義に完全に移行しました。市場主義は、100%、人間の欲を利用した、経済活動の方法です。これの意味するところは、個人の人間の欲を自由に出しても良いよ、それどころか、経済の為に、出しなさいという主義なのです。

この主義は、経済は確かに、手早く、手短に活発になるでしょう。そこには何の教育も必要としないわけですし、人間の本能に基づき、欲の本能のまま、わがままでも何でも良いから、商品を買って、経済を活性化しよというものです。だから、政府にとっては、コストも掛からず、簡単に賛同も得られ、特に、小さな政府を目指すのには好都合なわけです。

これで、欲による、行動パターンが奨励され、その経緯は劇的に社会構造を変えてきました。

貧富の差は拡大してしまいました。

我こそはと、欲の勝負に出た人々は、大資本の前に敗北の憂き目を見る羽目になりました。

市場主義こそ、アメリカンドリームであり、一攫千金のビジネスチャンスであり、平等な民主主義である、というのは、幻想だということをまざまざと見せ付けられました。

大資本の前に、零細資本は、吹き飛ばされます。弱肉強食の世界そのものとなります。

それはともかく、市場主義の、人間の心に及ぼした影響は、民主主義、自由平等をも狂わしました。

それは本能だ、と云われれば、反論するのは難しくなります。本能の多くは肯定せざるを得ませんが、こと、欲の本能に関しては、野放しにすると、自由という言葉を履き違えることになります。

繰り返しになりますが、市場主義は、欲の本能を開放していますが、これが、今回の買占めに繋がっています。

知性ある人間社会では、この欲の本能だけは、やはり、コントロール下に置かれるべきなのです。

なぜなら、人間だけが、この物欲が特出しているからです。一般的に動物の物欲は、足りれば、収まります、終わりです。人間の物欲は、足りるを良しとせず、無限に欲を追いかけます。必要でなくても欲しいと、欲の本能は止まる所を知りません。

富を持つ者が、更に富を追いかけ、手に入れようとする、昨今の経済活動の根底を成す、市場主義です。

それの片鱗、一片が、こんな、未曾有の大災害の渦中にある、日本に、自分のことしか考えない、冷たいと見えるほどの行動を起こす、根底を流れている思想だと思います。

目先の出来事は買い漁りですが、根底には市場主義という資本主義の源流があると思います。

矛盾していると、感じていただけましたでしょうか。

規制緩和の前の日本は、社会主義的民主主義と云われていたと思います。そこには、欲の本能をコントロールする、抑えるシステムがあったと思います。和気藹々、仲良くが根底にあり、ビジネスは戦争だとか、格闘だとかとは、誰も、思っていなかったと思います。みんなで豊かになるだったのです。

今の日本、ビジネスは弱肉強食で、弱いものは食べられる仕組みに成り下がったと思います。かつての暖かい社会とは、対極に向かっていっていると思います。言い換えれば一人で金持ちになるの方向です。

繰り返しになりますが、こう云うと、ならば、我こそはという夢の中の人が後を絶ちません。ビルゲイツが成功したのも、ホリエモンになることも、宝くじを当てるより遥かに、遥かにを10乗した位難しい、アメリカンドリームというのが、現実です。

アメリカの財産は、上位10%の金持ちが70%の財産を所有し、残り90%の人達が、わずか30%の中で生活しているわけです。これ程の貧富の差があるわけですが、日本はそれを追随しているわけです。

買い漁り現象、市場主義の成れの果てともいえます

しかし、そうとはいえ、まだまだ、嬉しい事は、日本の良かった頃の名残も多く残っています。



ありがとうございました。














援助物資。

援助物資。

社内で話し合って、援助物資を決めた。マスクと消毒液になった。

在庫も十分あったし、消耗品だからいくらでも必要だろうと勝手に想像した。

広島カープのホームスタジオ、ズームズームで、受け付けているとの事。しかし、今日が最終日という話を聞いた。

朝一番に、車2台で運んだ。

着いてびっくりした。多くの人が既に連なっていた。順番待ちだ。待たされることがこんなに気にならないことがあるとは、心地良い順番待ちになった。こんなに多くの人が、援助に参加されているとは・・・、とびっくりしたり、そして、いかにも良い気持ちを感じさせていただいた。

未曾有の災害だったが未曾有の援助になればと願っている。

ボランティアの人達にお疲れ様です。ありがとうございます。

災害にあわれた方に、一日も早く、平常の幸せの日々が戻りますように。合唱です。



ありがとうございました。







育毛剤



サラヴィオ化粧品



アルガンK2シャンプー



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
賛同でワンプッシュ!
livedoor プロフィール
最新記事
記事検索
  • ライブドアブログ