野球の監督


監督はつらい

特に野球の監督は大変だと思う


スポーツ競技の中で

これほど直接、勝敗に影響する監督はいないのでは・・・


他のスポーツでは、多くは選手を育てる、創り上げる

ことが主な監督の仕事だと思いますが


野球の監督は、試合を指揮し

結果を左右することが多い


指揮がハマれば当たり前

外れれば、ファンの大きな落胆につながる


これが、戦争ならば、部下は死に至る

考えてみると

昔の、常勝の武将はものすごい


会社の社長も同じ

やはり、繁盛している会社の社長はすごいことになる


プロ野球はプロだから

技量の達人たちの戦い

その中でもピッチャーのウェートは高いと言われる


通常、多くのスポーツは

その選手の技量で結果が左右される場合が多い


野球は攻撃の打者の技量

防御の投手の技量

ゲームを造る監督の技量


で勝敗が決まるような気がする・・

監督業・・・


選手を見る力

対戦相手を見る力

ゲームの流れを見る力

正しい決断をする力

選手の力を引き出す力

・・・等々


人間力が非常に高いレベルで求められる

ものすごく過酷な職業だと思います


負けても賞賛をあびる

こんなゲームは難しいことですが

きっと、ファンは理解できると思います


もちろん、勝って勝って勝って

優勝することを願っていますが


ファンにできること・・・・

は、強烈なエールを送るしかない

と頑張っていると思います。




ありがとうございます。