毛は生えないが髪は増える


宣伝で、毛が生えるという発毛剤を耳にする

正しくは髪が増えるということにしかならない


髪の毛も遺伝子に組み込まれた情報によって

毛のサイクルが決まっているらしい

多くの場合5〜7年ということらしい 


もし、生え始めた毛が1年で 抜けた時

発毛剤を浴びるほど振りかければ

2〜3ヶ月後に毛は再び芽生えてくるのか?

答えはNOらしい

DNAに書き込まれた情報に従って

次の発芽期にしか生えて来ない


5年のサイクルで動いている毛だと

4年先にしか生えて来ないことになる


5年のサイクルの髪の毛が

単純計算上では

1年で抜けると

髪の毛の量は1/5となる


2年半で抜けると

髪の毛の量は1/2の計算になる


つまり、抜けた毛をすぐに生やすことは

出来ないが

1/5になった髪の量を増やすことは

出来そうだ


つまり、抜けさせなければ

髪はふえる


若い時は、5年のサイクルの網の毛は

5年のサイクルを全うしたに違いない

だから、髪の量はフサフサと

保たれていたに違いない


遺伝子DNAに書き込まれた情報を

覆して、毛を発芽させることは

無理としても

遺伝子DNAに書かれた


その髪の毛の寿命を全うさせる事は出来そうだ

勿論、100%は無理としても10%でも20%でも…


ではどうやって

髪の毛の

短くなった寿命を回復させるか…


答えは5つ

一つは血行

毛を作る材料が届かなければということです

二つ目は頭皮環境を整える

要はシャンプーです

三つ目は毛根を元気にするということです

これが主な三大要素です


次に生活習慣です

血行を阻害すること、物を止める

例えば

ストレスとかタバコとか寝不足とか…


更に食事です

栄養のある物を食べることです

身体は生命維持に優先順位があるようで

髪は最後になるようです

病気になれば

髪の毛が荒れてきて

次に、肌が荒れてきて…

となるようです


食べた栄養は生命維持の方につぎ込まれ

髪の毛の方までは回らないようです


最後の髪の毛までに栄養が届くように

食事に気を使うことが大事です


元気で健康な人は髪が綺麗です

逆も言えそうです

髪が綺麗で健康な人は身体も健康と言えそうです





続きます


ありがとうございます。